Cafe Kajii Lemonade

私が行った素敵なcafeをご紹介。コーヒークレイジーゆえ、コーヒーが中心になるかと思います。
でも、スウィーツも重要なので、コーヒーとスウィーツがおいしい、かつ雰囲気の良いcafeを綴っていきたいと思います。
やはり、cafeは、ほっこりできる空間であるべきだと思います。
cafeに立ち寄る前の道案内的ブログになれば嬉しいです。
更新情報とカフェ一覧つけました。ご利用くださいませ。

このブログの文章や画像を無断で掲載したりリンクしたりすることはご遠慮ください。必要な場合はご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
仙台 ホシヤマ珈琲店 本店
10月の仙台遠征で行こうと思ってたカフェ、最後はここ、ホシヤマ珈琲店でした。
2店舗あるのですが、どこに行こうか迷っていたのですが本店に行きました。なぜならば、牛タンで有名な利久と同じビルに入っていたから!ランチを利久でして、その後の食後の一服はホシヤマ珈琲で!なんて素晴らしいコースなんだ!と思って。まぁ、それを発見したのは偶然なんですけどね。ライヴ終わってホテルに帰ろうとして一番町を通ってたら偶然視界の中に入ってきたのです。その時、瞬時に明日の昼はここに来る!と思ったわけです。移動時間は短い方が時間を有効に使えるよね〜
ちょっと高級感のあるドアを開けて、中に入りました。


写真が悪くて申し訳ないのですが、店内はクラシックが流れるとても落ち着いた雰囲気です。深い茶色の木のテーブルと椅子が並んでいます。これは、松本民芸の家具らしいです。置いてある家具もアンティークな感じのものばかりです。眺めてしばらくぼぉ〜っとしてました。なんだか、ほっとする感じです。
写真には撮らなかったけど、私が座った席の横には大きなフラワーアレンジメントが飾ってあって、それを取り囲むように席がありました。ホテルのロビーみたいでした。
周りにあるものだけではなくて、ここは店員さんも丁寧です。ホテル並の丁寧さです。お客さんに対する礼の仕方とか、かなり教育されてるんだろうなぁ〜と思ってしまいました。声のトーンも穏やかなんだよね〜


カウンター席の前には、カップが沢山飾られています。このカップ、飾りなわけではなく、お客さんに出すカップでもあります。見ただけで、高級だこれ!と思うものばかりです。私は高級食器に詳しいわけではないのですが、マイセンとかロイヤルコペンハーゲンとかあるんでしょうねきっと。
カウンターでも一人男の人が文庫を読みながら珈琲を飲んでいました。喧騒から離された場所で、日曜の昼下がりにおいしい珈琲を飲むなんて素敵ですよね。
カウンターでは、店員さんが珈琲を真剣な顔をして淹れていました。クリームを泡立てていたりもしてました。電動じゃなくてちゃんと泡だて器で泡立ててました。



私が頼んだのは、ロイヤルブレンド 1989というここのお店の一押しであろうブレンドです。創業が1989年だからこの数字がついたんでしょうね。とりあえず、一押しのブレンドを飲むのが私の中のルールみたいなものです。酸味が強い珈琲は苦手なので、酸味は強いですか?と念のため聞いてみたのですが、苦味の方が強いですって言われたので、そのままオーダーしました。
ここのお店は、お客さんのイメージにあったカップで出してくれるそうです。私のカップはヘレンドのものでした。知らなかったけど、やっぱり高級な食器でしたよ。私のイメージはグリーンなのかしら?爽やかってことで!クレームは一切受け付けませんってば!
珈琲は、おいしかったです。深いため息をついた後のような、ほっこり感があります。さすが丁寧に淹れた珈琲は違います。苦味も酸味もちょうどいいです。実は酸味がちょこっとないとブレンドっておいしくないんですよね。ロイヤルってだけあって、お上品な感じでした。
そうそう、隣のご夫人が、アイス珈琲を頼んでいたんですが、氷も珈琲でできていると喜んでました。さすがですね。ここまでの気配りとは!徹底してますね。


注意すべき点は、ここのお店、お値段がブルジョア価格です。
私が飲んだ珈琲は、1杯1050円です。ケーキセットとかだと1600円台なので、若干割安ですが・・私には気軽に入れるお店ではないんだけれど、それだけのサービスと味を提供しているお店であることは確かです。たまにはいいものを味わいたくなったら来たいお店です。雰囲気とかサービスとか素敵なカップで飲むとか、そんなことも時には必要だなと思いますから。

珈琲教室や、ライヴや、ポイントカードのサービスや色んなことをやってるお店です。
近くに住んでいたら、ちょっとチェックしてみたかったなぁ〜と思いました。
通信販売で売っている1本2310円の水出し珈琲がとても気になります。飲んだ方がいたら感想聞かせてくださいな。おいしかったら取り寄せようかしら?ワインにこの値段出したくないけど、珈琲ならまだ我慢するよ。

ホシヤマ珈琲店 本店
住所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳玉澤ビル3
電話 022-263-5560
営業時間 OPEN 10:00  CLOSE 23:00 (日曜・祝日のみ CLOSE 21:00)
定休日 無休(但し、元旦のみお休み)
| 仙台のcafe | 13:27 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
仙台 cafe SUNNY DROPS
2007年1月をもって閉店したそうです。素敵なカフェなので、せめて記録だけは残しておきたいと思います。


今年の二月にランチを食べにこのお店に来たとき、無情にも、お店のドアの前にかかっていたのは、こんな看板でした。
この時間には、新幹線に乗っている状態だったため、泣く泣く断念。一緒に行ったAぽんちゃんと、この次こそはと誓ったのでした。後から聞いた話だと、ここのお店は、結構開店時間がまちまちで、行く時は電話とかで確認してから行ったほうがよかったらしいです。


今回は夕方に行ってみました。ホテルから近かったので、とりあえず電話しないで直で行って見ました。
今回は開いていた!よかった!したのお店も開いていて、改めてこんな感じなのね〜と思いました。下のお店が雑貨屋さんみたいでした。絵本とかもあったみたいです。こちらはこちらで、見てみたい。でも、とりあえず、いざcafe SUNNY DROPSへ!


入り口です。黒板に「We are OPEN」って書いてあるのを見ると、嬉しい!2月を思い出せばほろっとしますよ〜涙の形のマークもかわいいです。
お店は2Fにあるのですが、このときは、どうやらビルの壁を塗りなおしていたらしく、ペンキの鼻につく匂いがかなりきつかったのは残念です。


お店の中は、色んな物が飾ってありました。おもちゃ箱をひっくり返して、その周りにかわいいテーブルや椅子が並んでいる感じです。本や雑貨がとてもかわいいいです。それだけでなんだか楽しいです。花が飾ってあるのも、ほっこりでした。
長いソファーが置いてあって、凄くくつろげそうでした。ここの席に座ってる人がいたのですが、とても楽しそうにおしゃべりしていました。やっぱり、カフェでくつろげるっていうのは必須条件なんだと、改めて思いました。せかされていたんでは意味ないもんなぁ〜珈琲だって、SWEETSだっておいしさ半減だもんね。


私が座ったのは、窓際のカウンター席でした。お好きなところへどうぞって言われたんだけど、一人だったので、なんとなくこちらへ。でも、今思い返せば違うところの方が、色んな物が見えてたのしかったのになと反省。でも、お一人様でもここのカフェは居心地がいいです。カウンター席には男の人が一人で本を読んでいましたよ。
私の直ぐ隣には、スタンドが。やわらかくてあったかいオレンジの光にほっこりほっこり。ぼんやり眺めていましたよ。スタンドの下に、黒ひげゲームがあったのは、びっくりしましたが。ちょっとやってみたかったかも?昔うちにもあったよなぁ〜なんて思い出していたりしました。


カフェラテです。いつの間にか、温かい飲み物が合う季節になったなぁ〜としみじみ。
これ、マシーンで淹れてるのかな?でも、おもったより濃くなかったです。シュガーポットがかわいくて、あっ!これ欲しい!とか思ってしまいました。カップとソーサーもそうだけどここの小物は、みんなかわいい!女子ならツボ突かれまくりなんではないでしょうか?


ここに来たのは、これに会うためでした。やっと会えたよ!その名も、パフェ政宗!会社の方に、仙台行ったらこれを食べてきます!と言って画像を見せたら、凄く笑ってました。ネーミングがこのcafeに似合わなくて、駄洒落になってるのがおかしかったみたい。そうだよねパフェ政宗って!
仙台らしく、ずんだのパフェなんです。知らない人もいるかも知れないので書きますが、ずんだは、枝豆をつぶしてつくったあんこです。けっこう好き嫌いはある餡ですね。私は大好きなんですが。ずんだ餡に生クリームにバニラアイスにカステラ(これは抹茶かな?ずんだじゃない気がします)にコーンフレーク。そして、政宗らしく、どーんと三日月のクッキーが!天下取ってる感じが素敵♪上にぽちっと乗っかってるのはブルーベリー。前はさくらんぼだったみたいです。私のガイドブックにはさくらんぼの写真でした。
見た目がボリューミーなので、ヘヴィーかとおもいきや、そんなに量は多くないです。ぺろっと平らげてしまいました。ずんだもおいしいだんけれど、生クリームがおいしい!これ、動物性のクリームですね。高いクリームですよ!三日月クッキーもおいしかったです。ちょっと食べるのがもったいなかったけどね。でも食べちゃった!


無事雪辱を果たし、満足でした。ちなみにAぽんちゃんは私より先に雪辱戦を果たしておりましたよ。
ここのカフェは、時々カフェライヴもやっているようです。曽我部さんもやったお店です。こんなお店でライヴって素敵だなぁ〜それもまた行ってみたい!
ランチもおいしそうですし、夜カフェも雰囲気があっってよさそうですし、違ったシチュエーションでまた来たいと思います。その時は、やっているかどうか確認しなくちゃね〜

cafe SUNNY DROPS
住所 仙台市青葉区春日町6-18 AXビル2F
電話 022-221-1646 
営業時間 11:00〜22:30(日曜、祝日〜19:30)でも、やってるか確認した方がベター

| 仙台のcafe | 02:30 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
仙台 和-nagomi- café DAYS
今年二度目の仙台です。私は、旅行へ行くのは、観光というよりもライヴのためです。ライヴ遠征ってやつです。そういえば、2月に来た時と同じバンドのライヴを見に仙台へ来ていました。
ライヴ遠征は、ただライヴを見るだけじゃもったいないです。その土地の素敵カフェへ行くのは必須です。普段行けないのなら、ここぞとばかりに行かなくちゃ!
仙台行きが決まって、行きたいカフェをピックアップ。その中のひとつがここ、cafe DAYSでした。


仙台行きが割りと急に決まったもので、全然準備もしないままに仙台へ来ました。で、地図も持たずに、確かこの辺って書いてあったはずというなんともアバウトな感じで来ました。住所と電話はメモって来てたけどね。ただでさえ筋金入りの方向音痴なので、迷いました。お昼もとっくに過ぎていた時間なので、おなかもペコペコで、もう、見つからないかも?その辺で適当に食べちゃおうかな?と思って見上げたら、あった!
中へ入ると、何組かお客さんがいて、ランチを食べていましたよ。私は重たいキャリーバックを引いてヘロヘロでした。席に座って、ほっとしました。私はわりと奥の方へ座ったのですが、なんだかくつろげる感じです。一人で入っても全然気になりません。後ろの席も見せたかったなぁ。座席数はそんなに多くはないのですが、入り口の近くだと、陽の光がちょっと差し込んでいてとてもいい雰囲気です。まさしく和みがそこにありました。


私が頼んだのは、ランチのカレーセット。他にも、十穀米とおかずがついたセットもありましたが、カレーがあると、カレーに手を出してしまうのは、悪い癖です。いや、悪くはないけど、そうなんですよ。だって好きなんだもん。
ここのカレーは、ちょっと和風な感じのナスときのこが入ったのカレー。野菜中心のヘルシーカレーで、かつ素朴な感じも、ほっこりです。ぱくぱく、ぺろっとたいらげてしまいました。ミニサラダには、お茶漬けに使われてるような粒のあられがふりかけてあって、見た目もかわいいし、あられによって食感もおもしろかったです。お箸で食べられるのもなんだか嬉しいです。


ランチは、ドリンクもついてくるのですが、私が選んだのはアイス珈琲です。ホットにもできたし、他にもドリンクはありました。珈琲しか目に入らない私でゴメンね。珈琲クレイジーなもんで。
和カフェだし、ランチのドリンクだし、正直、珈琲にはそんなに期待していませんでした。でも、ここの珈琲はおいしかったです。ちゃんと丁寧に淹れたのがわかりました。既製品をじゃーっと注いでるのとはわけが違います。残念ながら、そういうcafeがあるのも事実なんですが、ここは違います。ちゃんと淹れている!私好みの苦味のある珈琲でしたよ。最後までブラックで飲むつもりだったけど、途中で、ミルクとガムシロが入ってる容器がかわいくて、思わず両方淹れてしまいました。


これはレジのところです。私の席の真横でした。
フライヤーや本が置いてありました。下はスピーカー。スピーカーから流れるのは、ゆったりとしたボサノバです。こういう空間には、緩く流れるジャズとか、ボサノバが合いますね。私が好きだなぁ〜と思う和cafeは、大抵ジャズやボサノバが流れているのです。これが心地いいんだよね〜この素敵な組み合わせを最初に発見した人は、素晴らしいですね〜
木の家具とか、色合いとか、一つ一つが、ほっこりとするんですよね〜cafeにはこういう要素はとても重要だと思います。少なくとも私には大切です。ここの机とか椅子とか、見てるだけで、ほっとします。ほっこりの構成要素の一つ一つが素敵なんですよ。


厨房です。ここで、おいしいものが作られています。とても感じのいい店員さんです。2人だったかな?いらっしゃいました。和菓子の修行を積んだ方がいらっしゃって、その方が和菓子を作っているとも書いてあったので、それはとても楽しみでした。和菓子って、おいしいのとおいしくないのとの差がはっきり出ますからね。cafeでそこまでの本格派を出すお店も少ないですし。それをおいしいお茶でいただけるなんて最高じゃん♪
ちょっと話がそれてしまうんですが、ここのお店を出て、ホテルに向かおうと思って、道路一本渡って地図を広げていたんですよ。ちょうど、店員さんが、外に出してある黒板のボードを書いてるときで、外に出ていらっしゃっていて、地図見てうーんとうなってる私を見かねてか、道路渡ってどうしましたか?と来てくださいました。あの時はお世話になりました。こういう優しさも嬉しかったです。おいしいものだけじゃなくて、気持ちもいただきましたよ。


くいしんぼうな私は、ランチだけでなくデザートも注文しちゃいました。しかもセットで。ランチにドリンクついてくるんですけどよろしいですか?聞かれちゃいましたが、全然OKでーす。だって、和菓子をお抹茶でいただきたかったんだもん♪珈琲は、私にとって水みたいなものですから。ちなみに、私が頼んだセットは、なごみセット。このセットは、今月の和菓子と洋菓子を半分づついただける欲張りな人向けのセットです。まさしく私向き!だって、ここは洋菓子もおいしそうなんですもん♪それにドリンクがつくのですが、お抹茶、煎茶、紅茶、コーヒーの中から選べます。これで800円は安い!お抹茶だけ50円増しなのですが、それでもいいよね〜
お抹茶をいただいていると、背すじがぴーんと伸びる感じがします。それがまたいいんだよね。心穏やかに、いただく抹茶は最高です。家でもやろと思えばできるけど、やっぱり違うんだなぁ〜


やってきました!もう、見ただけでおいしそうです!洋菓子は、ショコラシフォンか、チーズケーキから選べるのですが、私はチーズケーキを選びました。白いチーズケーキですが、レアって感じでもなく、レアチーズとベイクドチーズの中間って感じです。しっとりとしてるけど、ほろっとし感じがなんとも言えなく素敵。ラズベリーのソースがとても合うんですよね〜これまたおいしくて顔がほころびます。今月の和菓子は、こし餡をかぼちゃ餡で包んだ練り物系の和菓子です。楊枝を入れるだけでなんだかドキドキです。かぼちゃの素朴な感じがちゃんとあるんだけど、しっとりしてて甘さも控えめです。あんこも上品な感じでおいしいです。これ、かぼちゃにバター使ってるのかな?和菓子なんだけど、和菓子嫌いな人でも食べられると思います。クッキーは黒糖のクッキーで、表面に書かれている音符の玉のところは、小豆なんです。もう、かわいい!食べるのもったいないお菓子たちですが、もちろん全部おいしくいただいちゃいました。


他にも、寒天のお菓子や、ぜんざいや、パフェもあるので、色々楽しめると思います。季節感をとても大事にしているカフェなので、その時々によってメニューは変わってくるかと思いますが。季節を大事にするのは、やはり和菓子の心にも通じてるんですよね。日本は四季を大切にする文化をもってるしね。でも、洋の部分も抜かりなく、高いレベルでやってるのが、本当に素晴らしいです。

このカフェに行こうと思ったのは、どこかで読んだこのお店の名前の由来でした。
“DAYS”という名前には、「毎日の生活に溶け込んだカフェになってほしい」というお店の方の願いが込められているそうです。そんなお店が悪いわけがないと思いました。本当に素敵なカフェでした。想像以上に素敵なカフェです。私の場合、頻繁に仙台に行けるわけではないですが、仙台に行ったら、絶対立ち寄りたいカフェです。ただいま〜とか言いたくなるそんなカフェです。また、行きますよ。


追記 2009.12.18
光のページェントを見に、久しぶりに仙台へ行ってきました。
行く度に、ほっとする街です。そして、このカフェもまた、変わらずほっとするカフェでした。仙台行きを決めてから、まっさきに行こうと決めてましたから。
前回と同様、和菓子と洋菓子が半分づついただける、なごみセットをいただきました。
今月の和菓子は、柚子餡をカスタードクリームで包んだものがサンドされているどら焼きでした。洋菓子は、シフォンケーキ(プレーンかチョコ)かチーズケーキ。前に来た時は、チーズケーキだったのでシフォンケーキにしようと一瞬思ったのですが、あの時のチーズケーキ美味しかったよね〜と記憶がよみがえり、食べたくなってチーズケーキにしてしまいました。恐るべし、味の記憶。または、食いしん坊のDNAが黙っちゃいなかった。
なごみセットが運ばれてきたとき、このお菓子について、お店の方が説明をしてくださいました。粉砂糖が雪を表しているそうです。よく見ると、チーズケーキには降りかかっているけれど、どら焼きには降りかかってません。それは、ここだけは暖かくて、花が咲いているよとうことなんだそうです。孫話を聞いて、とても素敵だなと思いました。暖かくて花が咲いているのは、どら焼きの上だけじゃなくて、私のやさぐれた心の中にも咲きましたよ。食べるだけじゃなくて、こういう心の中に入ってくる美味しさもこのカフェにはあるんですよね。
どら焼き、柚子餡ということで、一瞬ためらいがあった私ですが、あのためらいは不必要でした。どうも餡は小豆しか好みじゃない傾向が強くて、白餡ベースになるものは、もったりしていることが多くて拒絶反応が起こるのですが、この柚子餡はとてもフレッシュでした。とてもゆずの風味が効いていて、香りも、柚子の酸味も最大限に生かされていました。その餡にカスタードクリームがマッチしているんだから、本当に不思議でした。ちょっとした手品が口の中で起こっているみたいです柚子餡とカスタードって、このカフェの菓子じゃなかったら、私は間違いなく敬遠してました。でも、そのおいしさを知ることが出来て良かったです。
おいしいお菓子と、お抹茶を頂きながら、ゆっくりとした穏やかな時間を過ぎて行きました。本当に素敵な時間でした。仙台に行ったらこのカフェに行くというのは、もう頭の中に出来上がってしまっているようです。また今度。次は、どんな季節のお菓子が出てくるのか楽しみにしています。


和-nagomi- café DAYS
住所 仙台市青葉区国分町3丁目11-5 日宝勾当台西ビル1F
TEL 022-264-1033
定休日 毎月5・15・25日
営業時間 11:00〜21:00(月〜金)
     11:00〜18:00(土・日・祝)
※お昼メニューは11:00〜14:00、夜メニューは18:00〜21:00

| 仙台のcafe | 22:40 | comments(2) | - | かじい れもねーど |
仙台 LE GRAIN
仙台は大好きな街です。ライブ遠征するならまず候補にあがる街なのです。このときは、2月でした。ライブが日曜で、月曜に帰ることになっていて、ランチに前々から行きたかったカフェに出かけました。
そのカフェはcafe sunnydrops。しかし、お休みでお目当てのランチとパフェ政宗は食べられず。一緒に行ったAぽんちゃんと共に脱力。そこで、どこに行こうかと迷っていた時、前に行ったことのあるLE GRAINを思い出したのでした。ここはケーキ屋さんという感じが強いのですが、cafeも併設されていて、ランチもありますし。そして、sunnydropsと近かったしね。定禅寺通りの端の方にあるこのcafeは、入り口がガラス張りで、ガラスに映る欅並木がこれまた綺麗なんです。



ランチは、ロブスターのソースがおいしいグラタン。うーんもしかするとドリアだったかも?すみませんね〜記憶が曖昧です。でも、このグラタンおいしかったですよ。いとを引くチーズもおいしかったしね。あとは、ガーリックのラスクとごぼうのサラダとオニオンスープ。ワンプレートに乗っかってるんで、一見少なそうに見えますが、結構なボリュームです。おなかいっぱい♪
ここはケーキ屋さんなので、軽食はどうなんだろ?ってちと疑ってしまっていた私ですが、おいしかったです。疑ってしまって申し訳なかったです。


お店に入ると、すぐ飛び込んでくるケーキのケースがたまりません。ケーキがキラキラしてるんですよ。どれもおいしそうです。ランチを食べるとはいえ、このケーキを見たら、食べないわけに行かないでしょう。ここケーキ屋さんだし、食べない方が失礼だ!なんて、食べるためのへ理屈ならいくらでも出てきますが、ケーキを選ぶのに、とても時間がかかりました。どれも本当においしそうで、かわいくて彩りもとても綺麗なんですよ。大きさもちょうどよくて、値段も300円台が中心だったので、お手ごろプライス。まぁ、私の場合は、バナナ系は即却下なので、ちょびっとだけ選択肢は狭まったのですが、それでもね〜迷いました。Aぽんちゃんも迷ってましたよ。


悩みに悩んで決めたのが、マスカルポーネのいちごのムース。正式名称はちゃんとついていましたが、忘れましたゴメン。
飾りのチョコの曲線が、とても優雅。ちょこんと乗っかったいちごもかわいい。ドーム型になったムースの上に、これジャムだったかな?ゼリーだったかな?てりっとしたものでコーティングされていて、キラキラです。曲線とこのキラキラに惹かれて選んでしまいました。ふわふわのムースで、いちごの甘ずっぱい酸味がナイス。あっという間に食べ終わって、ちと切ない。
他のも食べたかったです。


ここのお店は雰囲気がとてもいいのですが、それは色んなところにちりばめられたこだわりから醸し出されるものでした。まず、水。ここは水はセルフサービスなんですが、水が置いてるところには、ワインクーラーに入ってるボトルがごろっと置いてあります。このお水は、東北の名水です。3種類あって、青森の白神山地の水、山形の月山の水、岩手の龍泉堂の水の中から自分で好きなものを飲めます。全部飲んでもOKなんですけどね。個人的には月山が好きだったかなぁ〜
しかも、ここは全席禁煙で、さらに空気清浄機まで付いてます。とことん快適な空間にこだわったお店です。こんなところで、窓際の席に座って、定禅寺通りの欅並木を眺めながらお茶だなんて、きっとパリにも負けないぜ!まぁ、負けてたらゴメンよ。


お店の席はこんな感じ。席もさりげなく曲線なのです。きゃっぱり、曲線って、どこかほっとさせるところがあるのですね。窓側の席がやはり人気なようでなかなか座れません。
店内は明るくて、とても清潔感があって心地よいです。色とかも落ち着けるようにこだわってるんでしょうね。素晴らしいなぁ〜と思います。駅から徒歩15分くらいなので、ちょっと遠いのですが、来たいなって思うもんね。



ついでに、前回行った時の写真を載せましょう。ちょうどファイル整理していたら出てきました。ナイスタイミング。
これは、抹茶のモンブラン。これもおいしかったなぁ〜ちょこんと上に乗っているのは、大納言です。
思い出した。1つ残念だったのは、コーヒーかな。私にとってはなんだか薄い感じがしました。濃い方が好きなので。それは、コーヒークレイジにとっては残念なのですよ。でも、あのタイプのコーヒーも好きな方が多いと思うので、なんとも言えないですけどね〜アメリカンとちょいと濃いめのブレンドと二種類あったら、素敵なんですけどね。これは難しいよね〜



LE GRAIN 定禅寺通り店
住所 宮城県仙台市青葉区国分町2-14-18 定禅寺パークビル1F
TEL  022-214-7844
営業時間 平日11:00〜20:00 日曜・祝日11:00〜19:00  
      (ランチタイム 11:00〜15:00)
| 仙台のcafe | 17:45 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK)
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

私も買いました!このブログにも載ってるカフェも登場しています!
RECOMMEND
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B (JUGEMレビュー »)

私が使ってるドリッパーです。コーノ式は、最近は結構スーパーとかでも売ってるのでお手軽に買えるようになりました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
わっしょい君