Cafe Kajii Lemonade

私が行った素敵なcafeをご紹介。コーヒークレイジーゆえ、コーヒーが中心になるかと思います。
でも、スウィーツも重要なので、コーヒーとスウィーツがおいしい、かつ雰囲気の良いcafeを綴っていきたいと思います。
やはり、cafeは、ほっこりできる空間であるべきだと思います。
cafeに立ち寄る前の道案内的ブログになれば嬉しいです。
更新情報とカフェ一覧つけました。ご利用くださいませ。

このブログの文章や画像を無断で掲載したりリンクしたりすることはご遠慮ください。必要な場合はご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
川崎 WIRED CAFE ラゾーナ店
「インディージョーンズ−クリスタルスカルの謎−」を川崎に見に来ました。映画イコール川崎というのがすっかり定着している私です。もう一つ定着しているのが、映画を見に来たらラゾーナでカフェるということなのですが、今回は、まだ入ったことのなかったカフェ、WIRED CAFEに行ってみましたよ。チェーン店なので、色々なところにあるので、すっかりお馴染みですよね。この画像は入口ですが、実は外から入る入口で、建物の中から入る入口の方がメインかなと思います。そちら側だと、メニューのサンプルも飾ってあるので。
外にはテラス席もありますが、さすがにこの季節はきついかなと思います。秋ぐちまで使われない席でしょうね。


中に入ると、喫煙席と禁煙席に分かれています。この画像は禁煙席です。禁煙席は、座席数が喫煙席より多分少ないです。この画像で見える範囲とプラスアルファくらいしかないです。喫煙席は、大きなソファー席もいくつかあって、ちょっと禁煙と喫煙席の差があるなぁ〜というのが感想です。しかも、私が座った席は、細い通路を挟んですぐ喫煙席なので、禁煙席の意味をなしていませんでした。まぁ、禁煙席にはネットに繋がれたMacが置いてあって、そこに座った人は自由に使っていいみたいです。そんな特権はあるけれど、もうちょっと禁煙を徹底して欲しかったなぁ〜と思います。やっぱり、煙草の煙がダメな人から言わせていただくと、これはとても重要なのです。


オープンキッチンみたいになっているので、お仕事中のスタッフの方々を見ることができます。リキュールやお酒なんかも沢山並んでいて楽しいです。ドリンクも結構種類があるので、夜も楽しめますね。


この日は、ランチを食べに来たので、まずはスパイシータコライスを頼みました。ランチセットはドリンクが200円になってます。もちろんドリンクは限定されていますが、お得であることは重要です。
スパイシーと付いていたので、辛すぎたら食べられないと思い、スタッフの方に聞いたら、それほどでもないというようなお答えだったのでオーダーしたのですが、まさしくそれほどでもないレベルでした。まぁ、感じ方に個人差はありますけれど、辛いという感じではないので、辛いのが苦手な人も大丈夫だと思います。少なくとも辛いのが苦手な私はOKでしたよ。半熟の目玉焼きと混ぜて食べると、本当にたまりません。タコライスってサラダも一緒にとれるからいいよねぇ〜


セットのドリンクは、アイスコーヒーをえらびました。紅茶とかジュースとカ何種類からか選べました。どうしても私はコーヒーを選んでしまいます。この季節はアイスコーヒーが定番です。
そして、ランチにプチデザートをオーダーしました。これは日替わりか週替わりかそんな感じで固定メニューではありません。この日はミニチョコパフェでした。コーンフレークとソフトクリームにチョコソースがけのシンプル設計。食後はこのくらいの量でちょうどいいです。コーンフレークの中にはレーズンも入っていましたよ。プラス250円でこのデザートがつくならオーダーしちゃいます。ただし、このデザートがつけられるメニューが限られているので、メニューをよくご覧くださいませ。


他にもおいしそうなメニューがたくさんあるので、また映画をいた際にでも。渋谷のWIRED CAFEに行ったとき、フレンチトーストがおいしかったので、お茶の時間だったら、それをオーダーしたいなと思います。あと、ランチはプレートとかコンボとかも結構種類があるので、今度来た際には違うものをオーダーしたいなと思います。

WIRED CAFE ラゾーナ川崎店
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 LAZONA川崎プラザ 2F
電話:044-874-8242
営業時間:10:00 - 23:00(L.O フード22:00 ドリンク22:30)
| 神奈川のcafe | 20:15 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
本厚木 cafe 鈴木
本厚木の某ディスカウントストアで単発のバイトでした。このバイトが決まった時、本厚木なんて滅多に行かないから(同じ神奈川でも遠すぎる。乗り換えが多いので、このバイトも断ろうと思ったくらいなのです。)これはカフェらねばと思い、調べて出てきたのがこのお店Cafe鈴木です。本厚木からそんなに遠くはありませんでした。5分くらいかしら?公園(はとぽっぽ公園と言うらしい。ネーミングがラブリーですね。)のすぐ目の前にあるので、意外とわかりやすいと思います。
公園ののほほーんな雰囲気とは正反対にどーんと大人な存在感を醸し出していました。数人の方のブログを拝見して、初めてだと入りづらいって感じのことが皆さん書かれていたんですが、まさしくその通り。よそ者の私にはさらに敷居が高かったです。なんだか一見さんお断り的な空気をバシバシ感じるのですよ。しかし、入口に近づいてみると、ほんの少しだけ戸が開いていて、中からお客さんの話し声が聞こえたんです。これで、安心できました。と言っても、完全に入りづらさを払拭できたわけではないけれど、おいしい珈琲のお店を目の前に帰れない!と思い、気合で中へ。


中に入った瞬間、まったく別の時間が流れている空間がそこにありました。二組くらいお客さんがいたので、すごく静かというわけではなかったのですが、明らかに単なる珈琲店ではない感じです。極力照明は落としてあって、店内にはテーブルとイスとエスプレッソマシーンだけ。余計なものはそぎ落としてあるけれど、それが殺風景というわけではなく、落ち着くのです。スマートな大人が行くバーみたいなそんな空間でした。正直、写真を撮るのは、どうかなと迷ったのですが、是非行って違いを確かめていただきたいと思い撮らせていただきました。
この写真は、お店のテーブルです。これも光の加減でかなり明るく写っているんですが、こんなに明るくないんですよね。お店のテーブルは、長テーブル二本のみ。テーブル、通路、テーブルという川の字状に並んでいます。10人ちょっと入れば満席だと思います。小さなお店で、店長さんらしき方(きっとあの方が鈴木さんなんでしょうね。)と若い男性二人で切り盛りされていました。


お店で、かなりの存在感を放っているのが、これ。焙煎機だと思います。焙煎機まで置いてあるカフェって、そうはないです。素晴らしいです。
ちなみに、このカフェを知ったとき、アド街ック天国のHPがひっかかり、そこに、エスプレッソマシーンは「イタリアのベゼラ社製で約200万円。」と書かれていました。しかし、エスプレッソマシーンは、一番入り口側の席にいたので見えませんでした。残念です。


私がオーダーしたのは、ケーキセット。確か、チョコレートのケーキ(ガトーショコラみたいな感じ)と季節のタルト(このときはチェリー)とチーズケーキがありました。私は、チーズケーキを選びました。運ばれてきたケーキがこれ。第一印象は、ちっ、小さい。大きい方ですら、一口で食べられる大きさと言っても過言ではありません。でもね、おいしかったんだよね〜
小さい方と大きい方で味が違うのです。小さい方は、カマンベールチーズみたいな味。ちょっと塩が効いています。大きい方は、レアチーズで濃厚です。それぞれの味を楽しめるのは嬉しいです。


大本命のコーヒーはカプチーノを選びました。ここはエスプレッソがおいしいと聞いていたので、ならばカプチーノかなと。本当はエスプレッソが飲みたいところなのですが、胃を直撃しちゃう可能性大なもので。私の胃はデリケートらしいです。ということで、ちょっとはミルクを!なカプチーノにしました。
もう、おいしかったです。うっとりしました。飲む前から、挽いた豆のいい香りがふわっと漂っていて、くらっとしていました。この香りをかいだだけで、素人の私でさえ、おいしいとわかります。飲んだら、それはもう幸せ♪なのです。
あと、気になったのがお砂糖です。グラニュー糖おもいきや、粒子がもっと細かくて、かといって粉砂糖ほどでもない。照明の具合なのか、心なしか色が茶色っぽい。少しだけ手にとってなめてみたんですが、もしかして、和三盆?上品な感じでした。ここにもこだわってるんだなぁ〜素敵です。


平成11年にオープンしたこのお店は、「茶道に茶室があるようにコーヒーだけを純粋に楽しむ空間があってもいいのでは」という考えからお店をオープンしたそうです。ここは、本当にそんな空間でした。ドリンクのメニューはコーヒー関係のものだけです。紅茶とかジュースはありません。フードもケーキやゼリーだけ。それらはコーヒーを引き立てるためのフードなのです。コーヒーが好きな人にはたまらないお店です。こんなお店が近くにあったらいいのにね〜と思います。エスプレッソのコーヒーゼリーがお勧めみたいです。アイスクリームの上にエスプレッソをかけるとだんだんゼリーになっていく不思議な感じのゼリーなんです。目の前でそれをやってくれるのです。そして、アイスの上にあんこも乗っています。不思議だ〜。人が食べているのを見て、興味津々でした。本厚木にいつ行くかわからないけれど、また行きたいです。いや、行きます。

cafe 鈴木
住所:神奈川県厚木市中町3-5-6ロックヒルズ1F
TEL:046-295-6280
営業時間:13:00-24:00
定休日:火曜
| 神奈川のcafe | 22:21 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
茅ヶ崎 一葉
一つ前のエントリーで藤沢に行ったと書きましたが、ここのカフェに行ったのは同じ日です。藤沢まで来たなら、ついでに行ってしまえ!と来たのがここ、茅ヶ崎。藤沢から二つ先のサザンの街です。カフェとは関係ないですが・・・
ここまで来ようと思ったのには理由があって、新宿御苑にある一葉の支店があったからなんです。新宿御苑は座席数も少ないのですが、茅ヶ崎は駅ビルの中に入っていて、座席も新宿御苑よりは多いし、メニューも多いと聞いていたんで、一度行きたかったのです。一葉のファンとしては、やはり行かなくちゃね。新宿御苑の店員さんも一度行ってみてくださいね〜って言ってたしね。


カフェタイムはピークを過ぎていたんですけど、お店はにぎやかな奥様方の声で溢れていました。夕ご飯にはまだ時間あったからね。おうちに帰らなくても大丈夫だったのね。というわけで、カウンター以外は満席。私は一人だったし、カウンターでよかったので席に着きました。テーブル席は20人は座れないんじゃないかな?って感じの座席数。テーブル席を待ってる方もちらほらいましたよ。茅ヶ崎もやっぱり人気のお店みたいです。
カウンターの前は食器が並んでいて、店員さんがお茶を淹れていました。フード系は中の厨房でやっているみたいです。茶釜からお湯をいれて丁寧にお茶を入れている姿は、凛として素敵だなぁ〜と思います。これぞ和カフェ!


先月、新宿御苑の方には行っていないので、厳密なメニューの比較は出来ないのですが、確かにメニューが多いです。確か、こちらにはお弁当みたいなメニューがあったんですよね〜あと、甘味も多いです。お茶請けにわらびもちがあったり、手作り抹茶アイスがあったり、きゃぁ〜♪となってしまいました。2月の初めのほうに行ったきり御苑のお店に行ってないのですが、こちらには豆乳のプリンの黒蜜がけなんかもあって、びっくりです。ひな祭り前だったので、桜餅もありました。桜餅とお茶なんて、日本人でよかったなぁ〜とほっこりするんでしょうね〜想像だけで、ほっこりです。


藤沢の1LDKの帰りにここへ来たので、おなかは空いてなかったのですが、やっぱりここに来ると甘味は必須!しかも御苑のお店にないメニューがあるとくれば、頼んじゃうよね〜もう、これだから食いしん坊はダメよね〜とか思われちゃいますが、否定しません。ダメダメでいいのです。
ここは、お茶がメインのお店です。まずお茶ありきです。今回は、春待ち茶を選んでみました。季節限定だし、このネーミングが素敵です。運ばれてきたこのお茶の緑の鮮やかさにうっとりします。この緑に心穏やかにさせられるんですよね。不思議な飲み物です本当に。


甘味は、きな粉のパフェです。これは御苑にはなかったんですよね〜ここのパフェですもん。絶対おいしいだろうなと思ってオーダーしちゃいました。
ころっと丸くて大きなバニラアイスと、たっぷりのクリーム(たぶん、ババロアにも使われていた黒糖のクリームかな?)、ほうじ茶ゼリーに、カステラ、大粒の黒豆と寒天がざくざくと。アクセントに細長い三角のパイまでついてます。そこに、きなこと黒蜜がさらさらと振りかけられているんです。かなりボリューミー。パフェ好きには、うっとりです。味ももちろんおいしいです!私はゼリーがダメな人なのですが、ここのゼリーは食べられます。今回のパフェに入ってるほうじ茶ゼリーもおいしいです。やっぱり、お茶屋のお茶のゼリーは一味違う!
さっきも書きましたが、かなりボリューミーなので、お食事後にはヘヴィーです。お茶の時間に単独で食べるのがいいと思います。


本店の御苑にも茶釜はありました。ここ茅ヶ崎にもちゃんとあります。茶釜があると、やはりしゃきっとすると言うか凛とした気持ちになります。お茶も茶釜のお湯のほうがおいしいしね。どういう理由でおいしいのか化学的な事はまったくわかりませんが、茶釜があるお茶屋さんはおいしいお茶が飲めるよね〜
御苑は小さいしお一人様で来るお客さんが多いからとても落ち着いた雰囲気で、ここはにぎやかな感じです。みんなで楽しくお茶を飲むにはこっちかもね。でも、御苑の雰囲気が大好きなんだと再確認できた日でした。とはいえ、茅ヶ崎もまた来ます!ランチで是非ともお食事が頂きたいんだもん♪食いしん坊はやめられません。


追記2008/5/12
先月の末あたりに行ってきました。ごまと胡桃のお豆腐です。お豆腐というよりは、プリンとわらびもちの中間みたいな感じです。モチモチしていて、プルンプルンしていておいしかったです。くるみもいいアクセントになってました。抹茶のソースは言うまでもなくおいしいです。このときは、ゆっくりできなかったので、今度はちゃんと味わうべく時間に余裕のある時に行きたいです。


一葉  茅ヶ崎店
住所:神奈川県茅ヶ崎市元町1-1茅ヶ崎ラスカ4F
営業時間:10:00〜21:00
電話:0467-57-4188
FAX 0467-57-4188
| 神奈川のcafe | 20:37 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
藤沢 1LDK
藤沢に行く用事があって、ついでにカフェるって回路ができている私にとっては、カフェを探すわけです。藤沢って、大きい駅の割には、お茶するって感じが全然ないところです。観光地ってわけでもないので、カフェって少ないんですよね〜
前に藤沢に行ったときに、行きそびれたカフェに行くことにしました。それがここ、1LDK。物件ではありません。お店の名前です。面白いですよね。その名前にも惹かれていってきました。駅の近くにあるショッピングビルのOPAのすぐ先、マンガ喫茶の向かい辺りにあります。方向音痴さんでもわかりやすいのは、私で実証済みです。
ここが入り口で、この階段を下りて、お店は地下なのです。1LDKのマットが目印です。


ドアを開けるのが、ちょっと勇気がいるのですが、明けてしまえば、明ける前の戸惑いはふっとびます。私が行ったときは、ランチを楽しんでいた奥様?のグループが何組かありました。本を読んでいたOLさん風の人もいたり、それぞれにくつろいでいました。
黒い長テーブルには12〜3人は座れるんじゃないかなと思います。ここでは、結婚式の二次会やパーティーもやっているようなので、沢山の人が同じ席で楽しむにはいいですね。いすも丸くてオサレでかわいいんですよね。


ちょっとこの写真では見えづらいんですが、奥はソファー席です。にゅっと見下ろす照明が素敵です。お店の名前が表しているように、おうちのリビングにいるみたいですよね。くつろげるっていうのは、カフェでは必須要素だもんね。
手前の白いイスは、私も座っていたイスなんですが、大きな逆台形の背もたれは、どかっと座ってのんびりできます。こちらもまたくつろげます。しかも、このイスもまたオサレなイスです。この写真を撮ったちょっと前には、OLさん風のお姉さんが珈琲を飲みながら本を読んでいました。鞄を置く籠もちゃんと用意してあって、とても気配りが行き届いているお店なんですよね〜


このときは、ちょっと遅めのランチをいただいたのですが、このお店のランチは、ランチが確か17時までOKなんですよね。これはありがたい。
ランチは、パスタとかカレーとか、4種類くらいありました。週変わりでそれぞれのメニューが変わるようです。私が選んだものは、カレーのランチ。今回は牛スジのカレーでした。辛くないけれど、あとからスパイシーな感じがやってきます。結構本格化なカレーかも?牛スジもやわらかく煮込んでありました。ご飯も五穀米でもちもちです!おいしかったです。見た目もオサレなお皿です。スープとサラダとドリンクまでついて1050円です。お得です。


さらにデザートをプラス200円でつけられます。もちろん私はつけますよ。今週のランチデザートは、キャラメルのアイスとホワイトチョコのチーズケーキ。とても200円で食べられちゃうデザートではないです。アイスもケーキもサイズが小さめとは言え、両方ついて来るんだもん。満足です。しかも、これがまた両方ともおいしい!アイスも甘すぎずほろ苦さもちゃんとあるし、ホワイトチョコのチーズケーキには、ちゃんとバニラビーンズも入ってるのですよ。凄いなぁ。
ここのお店のランチの最大の特徴といっても過言ではないのは、ドリンクです。私はデザートの時に珈琲を飲みました。カレー食べていた時はオレンジジュースだったのですが。デザートの時に珈琲を追加オーダーしたわけじゃないのです。ここのお店は、ランチドリンクが2ドリンク制なんです。だから食事中と食後と飲めるんです。オーダーを取っていただく時に、ちゃんと選べます。それぞれ選べるドリンクは指定された中から選ぶスタイルでしたが、5〜6種類あったので満足です♪食事中のドリンクはハーフサイズなのですが、ちょっと小さめかも?位のレベルで、私には十分な量でした。食後は普通のサイズのカップで珈琲が出てきましたしね。もちろん、デザートをオーダーしなくてもランチのドリンクは2ドリンクです。お得だ!


こんなんにも、お得なのですが私はホットペッパーのクーポンでさらに10%オフでした。ホットペッパーを見るとよく載っているので、行こうかなというときはチェックした方がいいですね。ここのクーポンはランチでも使えるので、助かります。
居心地もよくて、お得で素敵♪と思うのですが、唯一残念なのは、分煙じゃないことですね。隣のOLさん風の方がスパスパやってたのですが、やっぱりきつかったなぁ。その方が帰ってからはよかったんだけどね〜地下のお店なので、分煙するにも空気の出入りが難しいからね。せめて、ランチタイムは禁煙とかにしてほしいです。吸いたい気持ちもわかるけれど、吸わない人からすると、かなりきついのです。

1LDK
住所 神奈川県藤沢市鵠沼橘1−17−1 飯田ビルB1
電話 0466-26-0399
営業時間 11:30〜翌1:00(日曜は23:00まで)

| 神奈川のcafe | 20:33 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
川崎 Afternoon Tea  ラゾーナ店
映画を見てきました。映画を見ようと思ったら、川崎!って思ってしまいます。映画館が入っているラゾーナは、駅から近くて、堂島ロールも買えて、カフェもあるんですもん。
川崎はカフェ砂漠なので、ここに行きたい!っていう感じの素敵カフェが思い浮かばない場所なんですよね。なんだか、殺伐としてる感じ?だから、ラゾーナの存在は大きいのです。チェーン店系が多いけれど、お子さんが小さいファミリーがくることも多い場所なので、どこのお店もつくりがゆったりしているし、平日に行けば、かなりくつろげるんです。(逆に言えば、土日とか祝日は激混みらしい。)
Afternoon Teaは全国的に展開しているお店ですが、店舗限定メニューが結構あるんです。今回も、その店舗限定メニューをお目当てに行ってきたのです。横浜ではやってなかったけれど、川崎のラゾーナではやってたんです。


平日とは言え、お茶の時間どんぴしゃだったので、10分ほど待ちました。晴れていたので、お店の中には陽の光が降り注いでいました。とても気持ちよかったです。日向ぼっこをしながらお茶って素敵ですよねぇ〜まぁ、私が案内された席は窓際の逆、壁際だったので、日向ぼっこの恩恵には与れませんでしたが。それでも、雰囲気はとてもよかったです。
Afternoon Teaって空間がゆったり作られてるところが多いですね。ここも天井が高くて、ゆったりできました。セカセカしてない感じがとてもすきなんですよね〜ビジネスマン風のおじさまが商談チックな感じで話しをしてるかと思えば、ベビーカーに乗った赤ちゃんがニコニコしてるんですもん。


限定メニュー第一弾。これは、ビターオレンジティー。バレンタインの限定メニュー且つ、数量限定でなくなり次第終了だったのですが、残っててほっとしました。だって、明日で終了のメニューだったんだもん。
紅茶を入れるときに、オレンジのいい香りが漂ってきました。香りだけで、おいしいなぁ〜と思ってしまいました。濃い目にだしてあるあるせいもあるかもしれないけれど、ちょっと癖があるので、好き嫌いはあるかもしれないですね。柑橘系なので、ミルクは合わないのはもちろんですが、これは砂糖抜きで飲んだ方が好きだな〜と思ってそのままいただきました。ほっこりほっこり。このカップで3杯くらい飲めました。やはり紅茶はポットですね。幸せが持続するもん♪


バレンタインの限定スウィーツ、生チョコレートとオレンジのクレームブリュレです。これが一番のお目当てです。生チョコとオレンジなんて、黄金の組み合わせじゃないですか!
クレームブリュレはオレンジ風味になっていて、その中に生チョコが塊でごろっと入っていました。そのまま食べてもおいしかったのですが、さらに、ハーブとオレンジのソースがついてきたので、それをかけて食べるともっとおいしかったです。このソースはオレンジの果肉がごろっと入っていて、とてもジューシーでした。生チョコのごろと感とオレンジの果肉のごろっと感で、なんだかリッチな感じでした。私はオレンジが大好きなので、このソースをかけた方が好きでした。ほのかなオレンジを楽しみたいならかけない方がいいかもね。ちなみに、手前の茶色い塊は生チョコではなく、焼きチョコというかココアクッキーというかそんな感じ。最初はこれが生チョコかと思ったんだけどね。
でも、欲を言えば、クレームブリュレの量がもうちょっとあった方がバランスが良かったかなと思います。ちょっと少ないですね。でも、ブリュレ自体はとてもおいしかったですけど。カラメルをバリっと割るのも気持ち良かったですし。


きっとまた限定メニューが出るでしょうから、ここへ来ることになるんだろうなぁ〜でも、ラゾーナはまだ行かなくちゃ!と思ってるところがあるので、今度ラゾーナに行くときはそっちが優先かな。

アフタヌーンティー・ティールーム 川崎ラゾーナ
住所   川崎市幸区堀川町72−1 ラゾーナ川崎プラザ店 2階 27200
営業時間 10:00〜21:00
定休日  ラゾーナに準じる
TEL    044-874-8260
| 神奈川のcafe | 13:38 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
大船 Travell Yatai Silvanua食堂 
ここに行ったのは実は1月31日です。onari cafeを出て、鎌倉をちょっとぶらついて横須賀線に乗りました。電車の中で、そういえば今日は、母上が出かけていて、夜ご飯は各自で!とお達しが出ていたのでした。そうだ!Silvanua食堂に行こう!と思ったのでした。ここは、大船のかもめ食堂といわれてるお店です。私がこっそり拝見させていただいているブログで何回も見かけたことがあるし、居心地の良いお店だったので、思い立ったが吉日で行ってきました。実は行ったことがあるんです。そのときはカフェタイムだったので、ご飯は食べてませんでした。ここは、食堂というだけあって、ごはんメニューがおいしいと評判です。駅からちょっと離れているのですが、大船中央病院のすぐ近くなので、それを目印に!


大船のかもめ食堂と呼ばれていますが、本当にかもめ食堂みたいなんです。このキッチンも、席もアイボリーと水色で統一されています。Silvanua食堂のことをネットサーフしていた時に、リフォーム会社のHPが引っかかったんです。そこにこのSilvanua食堂が載っていて、オーナーがかもめ食堂をイメージしてと注文したそうです。もう、まさしくイメージどおりです!とても素敵です♪


食堂っていう名前だけど、私にはcafeかなぁ〜。Silvanua食堂は小さなcafeです。ここに写ってる座席と4人がけのテーブルが一つ。15人くらい入ればかなり人口密度は高い感じです。ランチタイムはかなり混んでいると噂に聞いていますが、夜はそんなに混んでないみたい。ましてや平日だとなおさらです。私は夜も早めだったので、このときは空いてました。
ちなみに、私の座ったテーブルだけ丸いテーブルです。二人がけのテーブルなんですが、なんだかかわいかったんですよねぇ〜だから、座ってしまいました。しかも、ここからだとカウンターが良く見えて、メニューが書いてある黒板だったり、小物だったり色々見えて楽しいんです。


私が注文したのは、ディナープレートのジャンバラヤです。週代わりとかなのかな?黒板に書かれていたディナープレートはこれだけでした。
ディナープレートということで、単品よりもかなりお得です。この一枚のお皿の上には、ジャンバラヤの他に、サラダ、生春巻き、焼き鳥、 が、でーんと盛られています。かなりボリューミーです。
ジャンバラヤって辛いってイメージがあって、大丈夫かな?と思っていたんですが、大丈夫でした。全然辛くないです。目玉焼きを絡めながら食べるのが現地流だそうで、お店の方もそれがお勧めですとおっしゃっていました。
辛さは、むしろ生春巻きのタレの方が辛いです。でも、スウィートチリなので、甘いけど辛いって感じ。私は辛いのが苦手なんで、そう感じるんでしょう。辛いものがOKな人にはそれど辛くないんじゃないかなぁと思います。
生春巻きは3個もあって、小躍り♪おいしかったです。焼き鳥は、上にクラッシュピーナッツが乗っていて香ばしくて、これまたおいしかったです。本当にお得なディナープレートです。
注文する時、お店の方に辛さの事を聞いたんですが、食事の時もそのことを気にかけてくださってました。蒼井優ちゃんをもうちょっとお姉さんにしたみたいな素敵な方でしたよ。


ディナープレートを全部食べると、かなりおなかいっぱいになります。正直、ここでもういいですって感じだったのですが、調子に乗って最初のオーダーのときに頼んじゃったんです。デザートを。ここのお店に来る前に、onari cafeでケーキ食べたっていうのに・・・もう、食いしん坊はこれだから困ります。
これは、ティラミスです。正統派のティラミスではなく、中にバニラのアイスが入ってます。面白いことに、杏ジャム(だと思う。)も入ってます。スポンジはココアだけど、シロップは珈琲じゃなくて、チョコレートですね。で、ふわふわのマスカルポーネのクリームで包まれているんです。おいしかったです。もう、ちょいおなかに余裕のあるときに、もう一度食べたいです。カフェタイムとかに食べる方がいいかな?このデザートも結構ボリューミーなので。


おなかいっぱいで、ほっととひといきというわけで、珈琲です。ディナープレートはドリンクをつけると、+250円なのです。ちょいとお得。やっぱり食後は飲みたくなるよね珈琲が。ここの珈琲のブレンドは、飲みやすいです。苦さもちゃんと感じられましたしね。(私の好みはもうちょい苦くてもOKなのですが・・)
ちなみに、ここのドリンクの中に、タイのファンタのクリームソーダがあります。缶で出てくるみたいです。もちろんグラスも一緒にですけど。私は缶のクリームソーダが苦手なので頼むことはないと思いますが、どんな感じなんでしょうね。タイってところも不思議です。
うっすら外国のラジオ番組みたいなのがずっと流れてて、おいしいご飯もあって、とても居心地のよいお店でした。一人でも、長居してしまいました。かもめ食堂は、実は私はまだ見てないのですが、そのうち見ようと思います。見てから来ると、よりいっそう、課も食堂な感じなんでしょうね。またひとつ、ほっこりできるカフェを知ることができました。うれしいです。今度行くときは、看板メニューのキーマカレーが食べたいです♪


いきなり追記
最初に書きましたが、ここに来たのは、二度目です。あの時はそんなに時間がなかったので、ゆっくりできなかったんですが、お茶したんです。
これが、パッションフルーツのレアチーズケーキ。上に乗っているのは、グレープフルーツ。これがみずみずしくておいしかったです。こういう上に乗ってるフルーツって、市ナットしてることが多いけれど、ここは違いました。パッションフルーツは中に、確かソースみたいな感じで入っていたはず。レアチーズの酸味とパッションフルーツの酸味は合うね。とてもおいしかったです。


こちらは、アイス珈琲。でも、水出しアイス珈琲なんです。とてもまろやかでおいしかったです。水出しって時間もかかるし、やってるところが少ないのですが、こんなところでお目にかかれました。
このケーキセット、このときは確か500円くらい?少なくとも600円はしなかった記憶があります。このおいしさで、この価格は安すぎる!今はケーキセットがどうなってるか見てくるのを忘れてしまったけれど、このお店は、全体的に価格が安いと思います。しかもおいしい!素敵かつ貴重なお店です!


Travell Yatai Silvanua食堂
住所   鎌倉市大船2-24-22
電話   0467-43-2177
営業時間 10:00-21:00(L.O.20:30)
定休日  水曜(大船中央病院近の近くです。)
| 神奈川のcafe | 09:47 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
川崎 Breizh Cafe
川崎駅とほぼ直結のショッピングモール、ラゾーナで映画を見た帰り、ランチを食べに行ったのは、このガレットのお店でした。2Fの広場からはちょっと離れたところにあります。だから意外と目立たないのかも?
ガレットとかクレープが大好きなので、そういうお店があると、つい選んでしまいます。このお店は、赤レンガにもあるんですよね。以前赤レンガのお店に入ったことがあります。でも、このときはそれを知らなくて、HP見て初めて知ったのでした。


食材、調味料、ワインかな?色とりどりに並んでいます。こういうのって、見てるだけでも楽しくなっちゃうんですよね。おすすめが書かれた黒板もかわいいです。このときは、シードルのことが書いてあった気がします。
この棚の裏は厨房です。お店を入るとすぐ見えるので、コックさんが一生懸命調理してる姿は素敵です。私が行ったときは、女性がガレットを焼いていましたよ。


店内は、縦長で、そんなに大きくないです。私が座ったのは一番手前で端の席なので、この写真で見る範囲が全てな感じの大きさです。それでも、20人くらいは座れると思います。のんびりした南仏の感じは出てると思いますよ。ゆったりできるんですよね。お店の方もボーダーの長袖のTシャツが制服になってるみたいで、構える感じではなくて、ふらっとお店には入れるんですよね〜


ランチには、サラダとガレットとドリンクがついてきます。プラス200円だったかな?するとデザート付きです。
まずは、サラダ。ランチサービスの割にはボリュームがあります。かかってるドレッシングはフレンチ系?ワインビネガーだと思うんですが、酸味が私にはきつかったなぁ〜もうちょいマイルドだと嬉しかったです。


卵とチーズと生ハム(名前があったけど、忘れた。)のガレットです。ちょいとお高めでも、ランチだからお得プライスなのね〜♪生ハムラブ♪
クレープって軽食ってイメージがあるかもしれないですが、立派に食事です。これだけ食べるとかなり満腹感あります。形は違えど、ガレットは生地がそば粉です。いわば、これはそばですもん。具もどーんと乗ってるし、かなりのボリュームなんです。ガレットのお店はそこそこ行ってますが、どこもちゃんとしたお食事でしたよ。でも、まだ日本では認識が浅いんだろうなぁ〜と思いますけどね。


デザートは、塩バターキャラメルのクレープ。他にもクレープはいくつかあったし、アイスも選べたけれど、私の中では、メニューに塩バターキャラメルがあったら自動的に選んでしまう回路が作られている感じです。このプレープの場合、さらにプレーンかオレンジ風味が選択できたのですが、前に食べた時はプレーンにしたので、今回はオレンジで!
オレンジって、ビターな感じと良く合うので、このキャラメルもとてもマッチしていました。プレーンより、こっちの方が好みかも?


ここの店は、自家製のシードルやキャラメルとかのお菓子も売っているんですよ。今回は買わなかったけれど、今度こそ買いたいです。塩バターキャラメルは是非とも!

PCの中の画像を整理していたら、赤レンガで食べたガレットの写真が出てきました。これは確か、ラタゥーユとトマトの煮込み煮目玉焼きを乗せたガレットです。これもおいしかったんだよねぇ〜赤レンガは、一応室内なんだけれど、ガラス張りのテラス席ぽくなっていて、向かいの赤レンガの建物を見ながら食べられるんですよねぇ〜なかなか普段味わえない感じです。雰囲気も味わうってこういうことよね〜と思ったのでした。素敵だ♪


Breizh Cafe ラゾーナ川崎店
川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ2F-71
JR京浜東北線 川崎駅西口より徒歩3分
10:00 - 22:30 (L.O.)年中無休
Tel & Fax : 044-874-8259
| 神奈川のcafe | 16:29 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鵠沼海岸 埜庵
鵠沼海岸の駅から、少し歩くと、のんびりした住宅街があります。その住宅街を歩くと、氷の看板が見えるんです。普通の住宅街の中に、ぽこっとあるのがこのお店、埜庵です。カキ氷のお店です。たんなるカキ氷のお店ではございません。天然氷のカキ氷屋さんなのです。埼玉県長瀞の阿左美冷蔵の天然氷を使って、おいしいかき氷を食べさせてくれるのです。阿左美冷蔵といえば、よくTVで紹介されていますよね。いつも私がこっそり拝見しているのブログに、ここのお店のことが書かれていて、前々から行きたかったんです!だって、何人もここの氷のことを書いてるんですもん!食いしん坊さんは食べたくなっちゃうのです!


実は、このお店に行くのは二度目です。一度目は、8月中旬、夏、真っ只中に行きました。とてもじゃないけれど、ゆっくり味わうことなどできない状態でした。暑さで氷はどんどん解けていくし、人はバンバンやってくるし、食べたら帰る!って感じだったんです。今回は、シーズンも落ち着き、ゆっくりできました。
このレトロなカキ氷の機械も、あの時はとてもじゃないけれど写真には撮れませんでした。このカキ氷機いい雰囲気を醸し出してますよね〜とっても素敵です。お店の看板も、ほっこりしていい感じです。白いドアを開けると、二階の席に続いています。ちなみに、一階はテラス席になっております。


一軒家を改造して作られているので、二階に上がるときは、靴を脱いで上がります。本当に普通のおうちの感じです。
引き戸を開けると、テーブル席が幾つか並んでいました。私は窓際の二人席へ。見上げると、メニューが飾ってありました。左はドリンク。珈琲や紅茶カフェオレなんかが書かれております。でも横に、白玉汁粉なんかもあって、そそられます。右側はカキ氷。抹茶金時、天然いちごって・・見ただけで食べたいです。かまくらって書かれているのですが、これは、和三盆をかけたカキ氷です。シンプルだけど、きっとおいしいだろうなぁ〜


テーブル席がいくつかあるのですが、2F全部で12〜13人くらいは座れるのかしら?ここに写ってるのは4人の丸テーブルかな?窓の外には、2〜3人座れるテラス席があります。
私が行ったときは、女子大生が、後期の時間割を一生懸命組み立ててました。あんな感じ懐かしいなぁ〜


ここのお店は、限定もののかき氷があります。その期間は、まちまちなのですが、このときは、キャラメルババロアと、リッチアールグレイでした。私は、キャラメルババロアをいただきました。たっぷりキャラメルソースがかかってます。一緒に練乳もついてきましたが、私はパス。このままのキャラメルソースで十分に甘いです。まぁ、私は単に練乳が苦手なので、かけないだけなんですが。


ここのカキ氷って、全然頭がキーんとならないのです。ふわっとしていて、パクパク食べられちゃうんです。これが普通の氷と天然氷の違いなんでしょうね〜こんなにもボリューミーなのに、ちっとも多くないんです。
食べ進んでいくと、やっとババロアとご対面です。この白い部分がババロアちゃんです。ミルクのババロアですね。ババロアとプリンの中間くらいの弾力ですね。甘すぎず、おいしかったです。そして、ババロアちゃんもボリューミーで食べごたえがありました。
しかし、ここのカキ氷は、フルーツ系の方が好みだなぁ〜と思ったのでした。キャラメルババロアもおいしいんだけど、最初に食べた白桃のカキ氷にはかなわないなぁ〜と思ってさ。


最後におまけ画像です。これが、はじめてきた時食べた、白桃のカキ氷です。もう、素晴らしかったです!自家製のシロップなのですが、桃を丸ごと1個使ってるそうです。とってもジューシーでフルーツのおいしさと、天然氷のふわっとひんやり感がたまりません!私は、練乳が苦手なので、かけませんでしたが、かけて食べている方が多かったです。でも、かけなくてもおいしいですよ!

天然氷は限りがあるので、もうそろそろ食べられなくなるそうです。ここは冬でも氷が食べられるのですが、その時は純水だそうです。また来年まで待とうかな。天然氷は、年々取れるのが少なくなってるそうです。やっぱり、地球温暖化の影響だよね。氷を食べながら、地球環境問題も考えるのです。埜庵のHPの店主さんのコラムを是非ご覧くださいませ。氷に対する情熱をしかと受け止められますよ。
私が次に行くのは来年かしら?初夏あたりになったらまた食べに行きます!ここのかき氷を食べたら、そんじょそこらのカキ氷は食べられませんからね〜

追記 2010.07.16
ちょぉ〜久しぶりに行ってきました!もう、本当は行きたかったんだってば!でも、夏の土日とかに行く気はなかなかおきなくて、シーズンはずしていく予定がなんだかんだで流れて、今日に至りました。会員証もらえるくらいに常連さんになりたいんだけどね。今年は頑張る!
外のパラソルの下でいただいたので、ちょっとわかりづらいのですが、Wメロンです。本当は、みるくも付くんだけど、私は練乳が苦手なので、抜いてもらいました。外側のメロンのシロップもジューシーですが、中にメロンの果肉がごろっと入ったゼリー寄せが入ってて、これまたジューシー。あまりにもがっついたようで、中身撮るの忘れてしまいました。
ここのかき氷を食べる夏って、なんだか素敵です。暑いけど、冷たくて、でもキーンとならずに涼しく果実もがっつりとジューシー。五感で感じる夏がこのお店にはあるのよね〜また行きます!


埜庵
神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
小田急線 鵠沼海岸駅 徒歩1分
TEL : 0466-33-2500
営業時間:11:00 - 18:00
定休日:毎週月曜日
| 神奈川のcafe | 19:46 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
川崎 モンシュシュwithトラベルカフェ ラゾーナ川崎プラザ店
私は、疲れるとカフェって帰ることが多いです。そのときに、猛烈に甘いものが食べたくなるときがあるのですが、その中でも、生クリーム系でガッツリいきたい!と思うときがあります。ここに行ったときはまさしくそうでした。生クリーム、そうだ!あそこであれ食べよう!と思ったのがここ、川崎駅に直結してるショッピングモールのラゾーナにあるトラベルカフェでした。ここは、大阪にあるモンシュシュというパティスリーとコラボしているカフェなのです。モンシュシュとコラボというからには、かの有名なロールケーキもあるわけですよ。そう、堂島ロール!関東では、このお店でしか食べられません!前々から食べたかったんですよね〜堂島ロール。手前の部分がモンシュシュのお店になっていて、奥がカフェになっています。


奥に入ると、ホテルみたいな感じ、執事ちっくな方が席へと案内してくれましたよ。店内には、ピアノのクラシック調のインストの曲が流れていて、優雅さを醸し出していました。シャンデリアなんかもあったりで、ちょっと高級感漂ってました。いすもヨーロッパ調っていうんですかね、高級な感じ。テーブルクロスもかかってますよ。(でも、目立たなかったけど、ちと汚れていたのは、いかがなもんかと・・・)
バーカウンターが入り口入って真正面にあって、瓶とかグラスがキラキラしてるのが凄く印象的でした。あまりこういう造りのお店に私は入ったことなかったので新鮮でした。


座席数は、そんなに多くないです。30席はないと思うのですが・・・どうだろう?特徴としては、真ん中に楕円形の大きなテーブルがあって、そこはわりと、お一人様が座ってるように思いました。私はすいていたので、テーブル席に案内されましたが。私が行った時間が夕方と言うか、夜だったんですが、仕事帰りのOLさんが一人で来ているのが結構多かったですね。私もその一人でしたけど。こういう一人でも座りやすいテーブル席があると嬉しいです。まぁ、この日はそんなには混んでなかったので、待たされるってこともなくて、いい感じでした。
一応、トラベルカフェなんで、旅行にちなんだ感じにもなってます。壁側には、大きなモニター?あれプラズマTVなのかな?画面に旅行チックな映像が流れていました。私の席から死角だったので見えなかったのが残念です。本とかも飾ってありました。もしかすると、自由に見ていいのかもね。


さっきも書きましたが、シャンデリアです。拡大バージョンでお届け!結構ゴージャスな感じです。なんだか、シャンデリアって、あると、ひゃぁ〜と嬉しくなっちゃうんですよね。なんだかベルバラちっくです。


お目当ての堂島ロール!写真が上手く撮れずに、色がめちゃくちゃで申し訳ないです。ココアパウダーで、フォークがデコレーションされています。かわいいですね。
この堂島ロールは噂には聞いていたけれど、本当に美味しい!ロールケーキはそこそこ食べてきたけれど、これは桁違いにおいしいです。なんですかこれは!と思わず言ってしまいたくなるほどです。スポンジのきめが凄く細かくて、ふわふわでしっとりしてます。そして、弾力もあるのです。この弾力が他のスポンジとの差かな。繊細なくせに力強いのですよ。凄いです。クリームも、ふわっとしててとても軽いです。甘さもちょうど良くてミルキーな感じがたまりません。ロールで1本は簡単に食べられそうです。みんなが美味しいって言うのがよくわかりました。これ食べたら、他のロールケーキはちと食べづらいかもね。
堂島ロールはお店も売っているのですが、私が行ったときには売り切れでした。出したら、すぐ売り切れるって聞きました。そりゃ売切れるわこれは。関東でここでしか売ってないとあらばなおさらに。でも、カフェでは、ちゃんと食べられますのでご安心を。ここのカフェに来ている人ほぼ全員?ってくらいに堂島ロールを頼んで食べていました。



私はセットにしたのですが、紅茶かコーヒーを選べて、アイスかホットも選べました。私はアイスコーヒーにしたのですが、アイスコーヒーは水出しコーヒーです。水出しコーヒーがあるとつい選んでしまうんですよね〜でも、私には酸味の強いコーヒーだったのが残念。まぁ、これは好みですからね〜
ドリンクと堂島ロールのセットで830円。思ったよりリーズナブルで嬉しかったです。リゾーナに行ったら、寄ってしまうんだろうなぁ。堂島ロールはかなり引力がありますから。そうそう、リゾーナにはトラベルカフェが3つあります。このカフェは、2Fなのでご注意を。4Fは堂島ロールはありません。私は最初に4Fに行って、あれ?おかしなぁ〜って思ってしまいました。少数派なんでしょうけどね〜念のためご注意を。


モンシュシュwithトラベルカフェラゾーナ 川崎プラザ店
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ2F
TEL: 044-874-8237
営業時間(無休)
平日 10:00〜23:00
土曜日10:00〜23:00
日祝日10:00〜23:00
| 神奈川のcafe | 16:04 | comments(2) | - | かじい れもねーど |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK)
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

私も買いました!このブログにも載ってるカフェも登場しています!
RECOMMEND
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B (JUGEMレビュー »)

私が使ってるドリッパーです。コーノ式は、最近は結構スーパーとかでも売ってるのでお手軽に買えるようになりました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
わっしょい君