Cafe Kajii Lemonade

私が行った素敵なcafeをご紹介。コーヒークレイジーゆえ、コーヒーが中心になるかと思います。
でも、スウィーツも重要なので、コーヒーとスウィーツがおいしい、かつ雰囲気の良いcafeを綴っていきたいと思います。
やはり、cafeは、ほっこりできる空間であるべきだと思います。
cafeに立ち寄る前の道案内的ブログになれば嬉しいです。
更新情報とカフェ一覧つけました。ご利用くださいませ。

このブログの文章や画像を無断で掲載したりリンクしたりすることはご遠慮ください。必要な場合はご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
銀座 茶・銀座 うおがし銘茶 
何年か前からここのお茶が銀座でも買えるようになったと聞いていたのですが、私が買いに行くことはありませんでした。通販とか母の知り合いがついでに買ってきてくれたりだったので。しかし、ちょうどお茶が無くなって、ちょうど私が銀座に行く用事があったのでここに行くことに。私は、物心つくときからここの、うおがし銘茶を飲んでいたんです。おかげで、ジュースよりもお茶が好きな珍しい子供ってことになってましたけど。お茶が好きなのは、子供のころからなんです。ちなみに、コーヒーもそう。子供なのにコーヒー飲ませていたというのは、ちょっと問題かもしれないですけどね〜
私のお茶好きである原点であるお店に行ってきた訳です。そう考えると凄いですよね〜


このお店は、1Fが売店、2Fと3Fが喫茶となっています。しかし、2Fが煎茶、3Fが抹茶と決まっているんです。お茶の種類も1種類のみ。その時々にお店のお勧めを出すので、お任せなんです。だから、いわゆる和カフェというのとはちょっと違います。そして、3Fは庭園になってるそうで、天候が悪かったり、日没するとクローズしてしまうのも他と違いますね。私は、夕方にこのお店に行ったので、煎茶をいただきました。まずは、1Fでお茶券を買って、2Fへ。
2Fは座席がコの字型に配置されています。通りに面した座席は、前面窓ガラス。お店に入るときも、このガラス越しに、着物のご婦人が見えて、銀座ぽい高級感がありました。他の面は、この画像みたいにちょっとライティングされていて、雰囲気ある感じでした。やはり品があります。テーブルはガラスの板で、その板を挟むように座ります。


まず最初に出されるのが、この木のお猪口に入った透明な液体。水ではありません。カフェでこれが最初に出てきたことはまずないです。何だと思います?正解は日本酒です。東一(あずまいち)という佐賀県嬉野の純米吟醸酒だそうです。量は、本当にちょこっとなのですが、とっても飲みやすかったです。甘口だと思います。私は基本的にはお酒は飲まない人間なのですが、そんな人でもおいしいかも?と思わせてしまう日本酒でした。もちろん、飲まなくてもいいそうです。まったくダメな人とか、車の運転とかもありますからね。席に着いたら、たぶん最初に聞かれるので、そのときお店の方が聞いてくださるので、そこでいるかいらないか答えればOKなのです。
なんで、最初に日本酒が出てくるのか、どーしても気になったので聞いてみたところ、趣旨としては2つあるそうです。まず、一口日本酒を含んでリラックスして欲しいという願いからだそうです。もうひとつは、日本酒を先に飲むと、お茶がまろやかに感じられるんだそうです。日本酒にお茶がまろやかに感じられる要素があるとは知りませんでした。お茶をおいしくいただけるようにと、こんな気遣いをしてくださってるんですね〜。なんだか嬉しくなりました。


おまちかねのお茶は、「風まかせ」季節限定のお茶でした。鮮やかな緑が綺麗で、ちょっととろっとしてるけど、まろやかでした。飲みながら、のほほーんほっこりさせていただきました。お店の雰囲気と銀座の街とが、私を少ししずしずさせていましたけど。お着物を着たご婦人がいらっしゃって、ちょっと凛とした気持ちになりました。やはり和を感じると、ほっこりするけれど凛とするなぁ〜 襟を正されるというかなんというか。ぐーたら娘には、こういう時間が必要なのです。
お茶を飲み干したころ、二煎目を勧められました。急須や差し湯が出てこなかったので、一回で終わりなんだと思っていたら、二煎目もOKなんて♪二煎目は、すっきりしていましたよ。これはこれでいい感じ♪お店の人は、日本茶アドバイザーの資格を持った方だと、どこかで読んだ記憶があるのですが、お茶のことで迷ったら聞いてみたらいいかも?です。丁寧に教えてくださると思いますよ。下で売ってるお茶も試飲とかできるみたいですしね。やっぱり、専門家って頼もしいですね〜


ここでお茶を飲むと、お茶請けもちゃんとついてきます。お茶は、一ヶ月くらいで変わるみたいですが、お茶請けは一週間くらいで変わるみたいです。私が行ったときは、愛知、半田の松華堂というお店の「春うらら」という、かるかんのお菓子です。HPをちょっと拝見したら、修行をさせているお店らしいので、老舗なんですね。
和菓子の知識は疎いので、その凄さは良くわかっていないのですが、このお菓子おいしかったです。和菓子って、食べていると不思議とほっとするんですよね。この感覚の理由はわかりませんが、やはり日本人だからなのかな?和菓子って、季節感がそこに現れていますよね。それを大切にする精神って、美しいなと思います。味と、気持ちと、文化をひとつにした和菓子というお菓子は、芸術ですよねぇ〜。この「春うらら」も一枚の絵みたいでしょ?日本人に生まれて良かったなぁ〜と思うひとときでした。


なんだか、自分のルーツを探ってしまったようなそんなひと時でした。ほっこり度合いがいつもと違ったのはそのせいかもね。
そうそう、お茶とは全然関係なく、しかも、ここに書くべきか迷ったけれど、ちょっと面白いと思ったので書きます。ここのトイレは、どこにあるのか全然わかりません。意外な場所にありました。一見、そこがトイレだとは思いません。まるで忍者屋敷のようでした。時代劇好きな私は、そんなところにも心をくすぐられてしまうお店なのでした。

追記 2008.12.06
久しぶりに、ここでお茶を飲もうと行ってみました。お抹茶の席は混んでるイメージがあったのですが、この日は煎茶の席が満員で、お抹茶の席がちょうど一席空いているとのことで、即決でお抹茶をいただくことに。天井がガラスなので、明るいです。
この部屋のつくりは、和風というよりはちょっと洋風。壁沿いに長い椅子が置かれていて、そこに座ってお茶をいただきます。この写真に写っている釜で、お店の方が淹れてくださります。


まず出てくるのは、濃い茶です。わかりやすく言えば、コーヒーで言うところのエスプレッソです。抹茶版のエスプレッソっていうのがぴったりですね。濃いです。どろっとしていて、色も鮮やか。濃い茶ってなかなか飲む機会がないので、嬉しかったなぁ。和カフェとかで抹茶を出すところも濃い茶はあまり出してないしね。実は濃い茶をきちんといただくのは初めてでした。抹茶の苦みとその中にもちゃんと存在している、甘さもしっかり堪能しました。凄く高い抹茶だったみたいです。うわわ光栄です。


濃い茶の後は、お茶請けです。これもまた、お茶を飲む上での楽しみなんですよね〜このときは、わらびもちでした。どこのわらびもちか忘れてしまいました。すみません。しかし、おいしかったことはちゃんと覚えています!弾力があるけれども、硬すぎず、絶妙なもちもち感がたまりませんでした。もともと、わらびもちは大好きで色々食べていますが、このわらびもちはかなりレベルが高いです。ちょっとにっきもきいていて、好みが分かれるかもしれませんが、私は大好きでした。正直、あと2〜3個いただきたかったです。すみません食いしん坊なもので。


そして、再びお茶が登場です。今度はお薄です。こちらが、世間的にはお抹茶として認識されていると思います。濃いお茶に対して、薄いお茶なわけです。こちらは、さらさらっといただけます。とはいえ、淹れるのは上手い下手で味も変わるでしょうから、私はまだまだ無理ですが。プロが淹れる美味しいお茶を美味しいお菓子と共にいただくのは、至福のひと時だなぁ〜としみじみ感じるのでした。
先ほども、ちょこっと書きましたが、このお抹茶の部屋はガラス張りです。そのまま空が見えるわけです。私が入ったのは、夕方近くだったので、出る頃は、少し暮れかかっていました。だんだん暗くなっていく感じもまた、趣があっていいですね。ちなみに、この茶室は、日没すると入れませんので、暮れかかかる前に入ってくださいね。しかし、500円でこれだけ贅沢をさせていただけるなんて、本当にありがたいことです。


茶・銀座 うおがし銘茶
住所:東京都中央区銀座5-5-6 (東京メトロ銀座駅B3出口からすぐです)
営業時間:11:00〜19:00(2F〜18:00 LO 3Fは日没まで、天候によりクローズの場合あり) 月休(祝の場合は営業)
TEL:03-3571-1211
| 銀座のcafe | 01:38 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
銀座 銀座カフェ みもざ館
夜カフェしましょうと、前からお誘いいただいていて、やっと実現しました!カフェ部の部長さんのpさんと(私が勝手に呼んでいるだけですが。)夜カフェしてきました。部活動です!pさんはこのブログにもリンクさせていただいている方なんですけどね〜
pさんがお店を色々ピックアップしてくださっていて、僭越ながら、私が選ばせていただきました。それがこのお店、みもざ館でした。
ここのお店に行くのは初めてだったので、地図をプリントして行って、道で立ち止まってみていたら、通りすがりのお姉さんが、「大丈夫ですか?」って声をかけてくださって道を教えてくださいました。あの時のお姉さん(私よりお若いかと思いますが)、ありがとうございました。ここは見てないと思いますが、感謝しています。


中に入ると、照明はちょっと暗めで、アンティークな感じの椅子やテーブルが並び、控えめにクラシックが流れていました。奥に見える棚には、ミルや珈琲を淹れる時に使うポットが並んでいました。銅のポット欲しいんですよねぇ〜でも、高いんですよねぇ〜
平日の銀座のカフェって、きっと空いてるよね〜なんて思ったら、全然そうじゃなかった。ほぼ満席。まぁ、席数もそんなに多くないんですけどね。ネットで調べてみたら44席だって。もっと少ないかと思った。


ここのカフェに行きたいと思った理由のひとつが、これ!オルゴールです。結構大きなオルゴールです。LPのレコードよりも大きな円盤のディスクが回って、そのディスクの凹凸によって音色が決まっていくんです。このタイプのオルゴールって、オルゴール博物館みたいなところに行かないとないんですよね〜だから、銀座の真ん中のカフェに、そんな珍しいものがあるなんて!と思ったんですよね。一時間に一度このオルゴールが鳴り響き、なんだかほわっとした時間の流れに変えてくれるんですよね〜お店は結構忙しく店員さんが動いてるんですけど、このオルゴールで、その空気がリセットされるというかなんと言うか。タバコOKなお店なので、うわぁ!と思うこともあったけど、このオルゴールに聞き入ると、そのことをちょっと忘れて、なんだかいい感じでした。木の箱に共鳴してるから、響きがいいし、音が優しいんですよね〜


このお店に入る前に、pさんと、オムシチュー食べたいですね!って話していて、もうすっかりその気でいたのに、売り切れました言われ、ちょぉ〜がっかり。一瞬埴輪になりましたもん。しかも、隣にいた人で品切れになったみたいなんだよね〜席に着いたのは、そんなに時間差なかったと思うし。隣に運ばれるオムシチューを恨めしく思いながら、私もpさんもサンドイッチのセットを頼んだのでした。画像はベシャメルのクロックムッシュ。中学校の時、家庭科の授業で、ベシャメルソース作ったよなぁ〜というのをふと思い出し、頼んでみました。もちろん、作り方など覚えてません。てへっ。


これは、ロックミルクって名前だったはず。ようは、アイスカフェオレです。オンザロックっていうのは、いわゆるアイスコーヒ、ダブルロックっていうのもあるんですが、これはオンザロックより量が多いだけだそうです。凄く気になったので、聞いてしまいました。聞いたわりには違うの頼んでしまいましたが。
ホットはどうかわかりませんが、アイスは、氷の入ったグラスを運んでくれて、そのグラスに、私達がいる席で、直接珈琲を注いでくださいます。あの銅の細い注ぎ口のポットで!妙にテンション上がった私です。まぁ、どこで淹れようがいいのかもしれませんが、見てるとテンション上がります。椿屋珈琲店だと、特製頼まないと席では淹れてくれないんですよね〜(まだ頼んだことないけど。だって、お値段4桁なんだもん。)席で淹れてもらうのって、背すじが正されるというか、ちょっと気持ちが引き締まりますね。
でも、ちょっと私には薄かったかな。いつも濃いの飲んでるもので。今度はホットのブレンドを飲んでみたいです。
ちょっと写りが悪いんですが、すみません。


デザートはいちごのタルトにしました。本当は、ここの看板メニューのプリンにしようと思ったのですが、プリンはテイクアウトできので、だったら、ここはケーキで!と食いしん坊根性丸出しなセレクトをしてしまいました。しかも、この写真だって、周りについてるセロファンをはがさずに撮ってるし。もう、ダメダメな私です。がっつりいちご!ってな感じのいちご満載のタルトを頬張りました。美味しかったです。


ここの看板プリンは、癒しのプリンなのですが、私が帰る頃には2個しか残ってませんでした。このプリン、ミルクプリンだったのです。私はミルクプリンが苦手なので、ちょっとダメでしたが、ミルクプリンが好きな人なら、きっとこれ好きだろうなぁ〜ミルク!って感じの味でしたもん。ここには寿宝卵という栄養価高い卵を使っているカスタードプリンもあるので、今度はそっちをいただきます。
あのオルゴールが聴きたくなったら、ふらっと出かけたいです。今度はオムシチューは絶対食べる!カスタードプリンも!

銀座カフェ みもざ館
〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-17 銀座チェリービル1F
TEL 03-3567-6633
営業時間
月〜木 10:00〜22:30(L.O.22:00) 
土 11:00〜22:00(L.O.21:30) 
日・祝 11:00〜20:00(L.O.19:30) 
金 10:00〜23:00(L.O.22:30) 
| 銀座のcafe | 20:16 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
銀座 リプトン・ブルックボンドハウス
私がこのカフェに行った日は、とても寒い日でした。しかも雨で、手足もかじかんでいたのです。マッサージに行って、すぐ帰るよりも、まず、温まりたい!と思い、このカフェがあるのを思い出しました。いつか行こうと思っていたのですが、まだ行ったことなかったんです。
行った時は、もうお茶の時間をとっくに越えて、夜にさしかかろうとする時間帯でした。夜の青に、ピカッと光が溢れているのがこのお店、リプトン・ブルックボンドハウスでした。道路に面している方は、ガラス張りなので、夜は特に目立ちます。


時間帯も夜だし、しかもこの日は、雨。ガラガラでした。私の他には、二組のお客さんしかいませんでした。あまり空きすぎていると、なんだか居心地が悪いことが多いのですが、ここはそれはなかったです。かえって、のんびりできてよかったくらいです。それは外に面する面がガラスだからなのかな?閉塞感ないもんね。
あと、今回は座りませんでしたが(写真も撮りませんでしたが)、外に面した席はカウンターになっているので、一人で入っても気兼ねしないでいい感じです。カフェって混んでいる時ほど、一人だとなんだか申し訳ないんですよね。でも、カウンターなら遠慮はいらないですからね。


私が選んだのは、単品で、マサラチャイと、スコーンでした。
寒かったので、スパイスの効いたチャイで体を温めようと思って。季節限定って言葉にも弱いんですけどね。ジンジャーが効いてて、体がぽかっとなりました。そして、スコーンは、本格的なスコーンです。よく、クッキーみたいな、なんちゃってスコーンが多く存在してますが、ここは正統派スコーンです。外側が硬くて、中はふわっとしています。暖かいスコーンなので、おいしいのですよ。やっぱり、紅茶屋さんにスコーンがあるなら、食べたいんですよね〜他に、サンドイッチとかケーキとかもあるんですけど、紅茶とスコーンで、英国風を味わいたいじゃないですか。


正統派のスコーンだと、ちょっと食べるのに抵抗がある人もいるかもしれません。どうやって食べればいいの?って疑問に思う人もいるでしょう。かつては私も構えてましたね。英国風のアフタヌーンティーってなんだかハイソな感じがして敷居が高かったんですよね〜でも、大丈夫!ここには親切にも食べ方が書かれているものが各テーブルに置かれていました。だから、敬遠してる人も安心してくださいませ。
スコーンの側面の真ん中辺に割れ目が入っているので、それに沿って半分に割ります。ここには硬いときはナイフを使うといいとかかれていますが、まず使わなくて大丈夫だと思います。暖かいですからね。2個とか食べる場合でも、そんなに硬くならないと思います。
割ったスコーンの表面に、クロテッドクリームとブラックカラントジャムを塗っていただきます。クロデットクリームは、生クリームを煮詰めて作られるクリームで生クリームとバターの中間みたいな感じです。だから、クリームがちょっと硬めです。でも、濃厚でコクがあって美味しいです。あったかいスコーンの上に乗せると、ちょっと溶けて、それがまたいい感じです。ブラックカラントジャムは、カシスのジャムです。私は最初ブルーベリーかと思ってました。すみませんグルメじゃなくて。クロデットクリームとブラックカラントジャムが混ざるとまたおいしいですよね〜何度かカフェでスコーンを食べましたが、ここのスコーンが一番美味しかったです。


帰るときに、店員さんからいただきました。「今日は天気の悪い中、来ていただいてありがとうございます。」って言葉と共に。こういうのって嬉しいですね。物をもらえるって言うよりも、その感謝の気持ちをいただくって言うのは、お客としてとても嬉しいことです。また来たいって思いますもん。いくら料理が美味しくても、素敵なカフェであっても、気持ちが感じられないカフェは、居心地が悪いです。そういうカフェは足が遠のきますよね。
ここのカフェは、隣にティーショップも併設されています。帰りに紅茶を買って帰るのもいいかも?紅茶教室もやってるくらいのお店なので、おすすめとかも色々説明してくれると思います。紅茶教室にちょっと興味あるんですよね〜
今度行く時は、アフタヌーンティーセットをがっつり品良くいただきたいなぁ〜と思う私なのでした。


リプトン・ブルックボンドハウス
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-1
(JR山手線有楽町駅京橋口から徒歩2分 銀座インズ係かい)
TEL 03-3535-1105
営業時間 : 平日・土曜11:00〜19:00
      日曜・祝祭日11:00〜18:30
| 銀座のcafe | 21:12 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
銀座 SADEU
カフェは昼間だけに行く場所ではないのですよ。夜カフェもまたいいものなんですよね〜。私は、よく仕事でヘロヘロになったときに、ふらっと行くことが多いです。一息つきたい!って猛烈に思うのです。そういうときに、うってつけのお店の一つなんではないかなぁ〜と思うのが、このお店です。銀座並木通りのAfternoonTea The General Storeの3F「SADEU」です。サドゥーと読みます。茶道をもじってるんでしょうね〜ここは、和カフェなんです。
このとき、私が行ったのは、仕事で疲れてって感じではなく、時間がぽっこり空いたので、ふらっと立ち寄ったのでした。



ここのカフェは、私は大抵平日の夜に行きます。平日の夜なら、まず並ばずに入れます。土日だと、偉いこっちゃな混み具合です。私は、ゆったりしたいカフェでせかされるの嫌なんですよね〜
平日の夜だと、とてものんびりできます。この写真では、タイミング的にかなり空いていましたが、ここまで空いてはいないですよ。結構、銀座のOLさんって感じの方が、一人でご飯やお茶をしているのが多いです。まぁ、銀座のOLじゃないけど、私も一人でのんびりしてる一人ですけどね。
前はカウンター席になっていて、2人席を中心に、4人席なんかもあります。全部で40席あるのかな?って感じです。カウンターのところには、茶釜があって、そこでお店の方がお茶を丁寧に淹れてくださります。


時間的に、夜ご飯なかんじだったので、柚子風味の海鮮ちらし丼を頼みました。丼ものに、お味噌汁、お惣菜と黒豆茶が付いて1400円ちょっとだったきがします。
ここに来ると、なんだかいつも海鮮丼を頼んでしまう私です。同じものでもOKよ!な性格なので。飽きないんですよね〜海鮮丼は季節によって、ちょっとづつ内容が違うんですが、今は「トロサーモン、ホタテ、カニを特製の柚子醤油だれで絡めて卵焼き、きゅうり、大葉、甘酢れんこんをトッピングした」海鮮丼なのです。オフィシャルにそう書いてあって、楽しみにしていたんです。読んでるだけで美味しいそうでしたから。
柚子醤油だれがおいしいんです。ご飯が進みました。柚子ってちょっと癖があるから、嫌いな人も結構いますが、この丼物は、そんなに柚子が前に出て切るわけではないので、食べやすいですよ。あと、甘酢れんこんが、食感として、いいアクセントになってるのもいい感じです。ここの海鮮丼は、いつも見た目が綺麗なんですよね〜やっぱり、料理って、味だけじゃなくて、見た目も含めていただくものなので、それって重要よね〜と思うのでした。さりげなく、お箸とスプーンを添えてくれているのもいいんですよね〜そこがカフェっぽいです。


お食事をした人には、180円ちょっとプラスすると、小おやつを頼むことができます。日替わりなのですが、この日は、抹茶ババロアか和栗のきんとんでした。抹茶ババロアは前に食べたことがあったので、和栗のきんとんを選びました。
小鉢に、ちょこんとのっかってるきんとんがかわいいです。かつ上品だから、やられたなぁ〜と思います。


中身はこんな感じでした。中は、渋皮つきの栗のきんとんです。手が込んでます。底には、けしの実がぷつぷつとくっついていました。ちょっと香ばしい感じもなんだか面白いです。一口でぱくっといけてしまうサイズですが、もったいないので、ちょびっとづつ食べました。幸せの継続は少しでも長くと言わんばかりに。
黒豆茶は、これまた香ばしくて美味しかったです。ほっこりです。ちなみに、おかわりOKなんですよ。それもまた嬉しいですね。私はお食事の時にいただき、小おやつの時におかわりしちゃいました。


秋に行った時の画像が残っていたので載せちゃいます。やっぱり海鮮丼なんですけどね。
このときは、鮭といくらだったかな?上にかかってる黄色いのは菊の花でした。ちょっと記憶が曖昧ですみません。でも、これも美味しかったです。このときはお惣菜が、おからだったんですよね〜それは良く覚えています。あれ、おいしかったなぁ〜


そして、これが抹茶ババロア。秋に食べたんですよ。抹茶ババロアに、生クリームが付いていて、茶色いかたまりは、栗の甘露煮です。もう、メロメロな組み合わせです。参った!もちろんおいしいのです!甘味好きにはたまりません。
このときの小おやつは、実は柚子のあんみつでした。私は寒天が苦手なので、あんみつなら、おやつは諦めようと思いました。寒天が苦手なので、おやつはいいですと言ったら、お店の方が、他にご用意ができるものがあるかもしれないので、ちょっとお待ちくださいと言って用意してくださったのが、この抹茶ババロアでした。この心遣いがとても嬉しかったです。おやつとさらに、お気遣いまでいただけた素敵な日でしたよ。


更に更に、私が初めて行った時の画像もあった!ここのカフェは、何度か行ってるくせにブログに書けていなかったので。
このときは、おやつとドリンクがセットになったものを頼み、これは、抹茶といちごのチーズケーキと抹茶ミルクです。1500円くらいだったかな?
最初は、ちょびっとなチーズケーキに、うわぁもうちょい欲しい!とか思ってしまいましたが、結構濃厚なので、これで十分でした。これ以上だと、ちょっとくどいかもしれません。その辺も計算されてるんだなぁ〜素晴らしい。美味しいものを美味しくいただける量で提供してるのです。
抹茶ミルクも、抹茶のように両手で、しずしずといただきました。和な感じを堪能しつつ。
この時は、土曜の夕方だったんですが、結構混んでました。最初にも書きましたが、お休みの時は、覚悟して行ってくださいませ。


レジのところには、テイクアウトの抹茶チーズケーキや、パウンドケーキ、チョコなども売っています。HPに季節のお勧めが載っているので、それを参考にどうぞ。あと、急須なんかも。見てると、全部欲しくなりますよ。買えませんけどね〜
銀座のほかにも、新宿の高島屋とか福岡とか名古屋にもあるらしいです。機会があれば是非に。私はまた夜カフェしてしまうことでしょう。

SADEU 銀座
住所 : 東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル3F
    (AfternoonTea The General Storeの3F)
TEL : 03-5159-1628
営業時間 : 日祝および月〜木11:00〜20:00
      金土および祝前日11:00〜21:00
      ラストオーダー閉店の30分前
| 銀座のcafe | 01:24 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
銀座 茶の葉
前々から行きたかったお店でした。
ここのお店は、色んなブログを見た限り、他のお客様の迷惑になるとのことなので、写真は撮っちゃいけないということでした。したがって、今回は画像なしです。ちょっと残念ですが仕方ないです。他のお店の場合も、他の方のご迷惑にならないようにしているつもりですし、もっと厳密に言うと、お店の許可をとって写真を撮ってるわけではないので、お店の方の意思がわかってる以上、そこを曲げてまで撮る気持ちはありません。

このお店は、銀座の松屋の地下の食料品売り場の一角にあります。初めて行く人にとっては、ちょっとわかりづらいかもしれません。私も一瞬通り過ぎそうになりました。普通にお茶とか茶器とかを売っているお茶屋さんがあって、白い大きなのれんがあるのですが、その奥にお店があります。看板がでーんと出てるわけではないので、私も恐る恐る、ここだよなぁ〜と思って入りました。
私が行ったのは、平日の閉店まであと40分くらい?って感じのギリギリな時間でした。2席空いていたので、とりあえず入り口手前の席へ座りました。ここのお店は、全部で7席しかありません。しかも、大人気のお店なので、いつも行列ができて、席が空いてること自体ラッキーらしいです。まぁ、平日、閉店近く、しかも雨の日って条件が重なれば空いてる確率は高いでしょうけどね。でも、私が行った時点で5席埋まってたわけだから凄いよなぁ〜

お店の中は、カウンターのみの、ちょっと高級な和風ダイニングな感じでした。カウンター席は心なしか奥行きがあります。これってきっとお茶を出す時のお盆が大きいからなんでしょうね。
照明も明かりを落としてちょっと暗め。大きな生け花っていうか枝っていうか、白い花の枝が大胆にしなだれてるのです。どこに流れてるかわからなかったのですが、水の流れる音が絶えずしていました。ちょろちょろと、なんだかこれが心地いいんですよ。
メニューを見せていただいたのですが、筆の達筆な字で書かれていました。メニューは紙一枚、数行でおさまってしまうくらいの種類です。お抹茶とか煎茶とかほうじ茶があったはず。それに和菓子をつけるとか、お茶を飲み比べるセットがあったように思います。私はお菓子付きの煎茶を選びました。

私が席についてしばらくすると、紫陽花の上生菓子が乗ったお盆が運ばれてきて、うわぁ〜これ綺麗だな〜楽しみだな〜と思ったら、お隣の方の分でした。残念。私の分は更にしばらくして運ばれてきました。私のお菓子は、竹筒に入った水羊羹。でも、これはこれで大好きなのでOK♪
お茶が運ばれてきた時に、説明をしてくださったのですが、どこのお茶だったか忘れました。緊張しててさ。もう、小心者でゴメンよ。確か、煎茶を頼む時も、好みを聞かれたんだよね。例えばね、濃いのが好きとか、まろやかなのが好きとか答えればいいんだろうけど、私はお任せしました。だって、プロに任せて間違うことってあまりないもん。変に知ったかぶってああだこうだ言っても仕方ないしね。私はおいしいお茶が飲みたいだけなんだから。1杯目は入れてくださいました。やっぱりおいしかった。流石にプロは違うなぁ〜と実感しました。渋みもまろやかさもちょうどよかったです。二杯目以降は自分で入れます。お湯を冷ますための器に既にお湯が入ってます。そこから急須に移していただきます。1杯目はとろんとした甘みとかまろやかさがあるんだけど、2杯目はすっきりしてきます。でも、そのすっきりな感じお茶もまたおいしいのです。ちょっと残念だったのは、お湯を冷ます器が、お湯によって熱くなっているので、素手で持つのができなかったことかな。ハンカチを取り出して持ちました。でも、それはちょっと持ちづらかったです。この辺の配慮があると良かったなぁ〜。このお湯冷ましの器で2杯くらい飲めます。だから最初の1杯とあわせると3杯ですね。でも、更にもう一杯お店の方に勧められて飲みましたけどね。もう少しゆっくりできればよかったのですが、閉店時間が来てしまったので、お店を後にしました。

新宿御苑の一葉も銀座の茶の葉も共通することですが、日本茶って、とても落ち着きます。おいしいお茶を飲んだ後って、とても深い深呼吸をした後のような穏やかな感じがするんですよね。それでいて、どこか背すじが正されるというか、しゃんとした気持ちになります。日本のワビとかサビに関係してるんだろうなぁ〜紅茶とかコーヒーとか(コーヒーは豆だけどさ)と違った落ち着きなんだよなぁ〜この日は、雨の中、時間がない!と急いでいって、かなり心に余裕がなくて、正直、こんな時に行ってお茶の味などわかるのか?って疑問はあったんだけど、お店に入って、席についてしばらくしたらとても落ち着きました。あの空間には、優しく落ち着かせてくれる空気があるんですよね〜心地よく流れる水の音とか、大胆にも美しく生けてある白い花の枝とか、お店の店員さんの雰囲気も、ほわっとした感じですし。さらに、おいしいお茶で骨抜きでした。でも、すぐ外は、デパ地下の食品売り場ですよ。なんだか信じられない感じです。ここのお店の中だけ、テパ地下から切り取られている感じがしました。とても素敵だなぁ〜と思います。ますます日本茶が好きになったし、もっと色んなことを知りたいなと思いました。そして、また好きなお店が1つ増えた、そんな感じです。

ここのお店は、いつも行列が絶えないらしいので、いく方はそれを覚悟の上で行くことをお勧めします。でも、それでもなお行っていただきたいなと思うお店でもあります。たまプラーザ東急SCにもお店があるそうなので、そちらも是非に。でも、ここもまた席数が少ないそうですけどね。


茶の葉 銀座松屋店
住所: 中央区銀座3-6-1 松屋銀座本店 B1F
電話: 03-3567-2635
定休: 火曜不定休
平日: 10:00 - 20:00
土曜: 09:00 - 19:30
日祝: 09:00 - 19:30

| 銀座のcafe | 15:59 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
銀座 CAFE FREDY 銀座店
会社の帰りに、銀座に用事があって、その時間まで40分余ってしまいました。うーんこの時間だと、どこかへ行くにも時間がないし、買い物するものもなく、ウインドーショッピングも銀座じゃ見るものないなぁ〜と思ってたとき、コーヒーでも飲むかと思ったんです。でも、銀座でコーヒーなんて滅多に飲まないし、椿屋珈琲店に行きたいけどちと遠いかも?場所曖昧だし・・と思っていたところ、思い出したのが、このCAFE FREDYでした。ちょうど、ウエンディーズの近くにいて、確かここから近かったはず・・と思ったのでした。ここのブログをはじめてから、前よりもっとカフェのサイトを見るようになりました。やっぱり、素敵カフェに行きたいもんね〜
フラフラ歩いていると、ウエンディーズからわりとすぐに、オシャレでスタイリッシュな感じの洋服が並ぶNOLLEY'Sというお店の地下に、このカフェはありました。このお店もオシャレさんの間では有名なブランドなのかもね?服に興味ないので、私はよくわかりませんが。夜だったので、画像が見づらくてすみません。


階段を下りると、ガラス張りなので、踊り場でカフェを見下ろせます。さらに下ると、お店の入り口には、洋服が飾られてました。
私が座った席は、入り口からすぐ近くの席です。そこから店内を見るとこんな感じでした。本当は右側にも席があるんですが、壁で見えませんね。残念。
椅子とかも、内装とかもPOPでかわいいのですよ。床もフローリングで、木の温かみみたいなものもあっていいですね。ちょっとした棚には、テディーベアも飾られていました。銀座ってなんだか敷居の高い感じのところが多そうだけど、ここは、遊び心もあって、居心地がいいです。ふらっと一人では行った私も、違和感感じなかったです。まぁ、休日とかだとまた違うんでしょうけどね。この日は、平日の夜でしたから。


ここのお店で一番気に入ったのは、窓があることです。ここ、地下なのに窓があるんですよ。しかも木漏れ日がさしてる感じでしょ?地下と言う閉塞感がないんですよ。もちろん、演出だってことはわかりきってるんだけど、こういう演出をするっていうことが素敵です。やっぱり、光が射してる感じってなんだかほっとするんですよ。雨が降っていたって、夜だって、ここに来れば、ほっとする光がふりそそいでいるんですから。そこで、お茶できるなんて、とてもいいなぁ〜と思うのです。しかもこの窓は、一箇所だけじゃないので、恐らく、どの席からも見えるのでは?と思います。柔らかいこの雰囲気って、ありそうで、実はあまりなかったなぁ〜って気がします。


私の席の横にさりげなく置かれた、マガジンラックです。オシャレさんが読む雑誌がごそっと入ってます。多分、自由に読んでいいのでしょうね。こういう小物一つ一つが、いいなぁ〜と思えるカフェなんですよね。食べるとか飲む前に、目で楽しめもするんですね。
ちなみに、マガジンラックの後ろに写っているのは、飾ってあった花柄のスカートです。きっと上の階のNOLLE'Sで売ってるんでしょうね。まぁ、私には残念ながら似合いませんが。


この日私がオーダーしたのは、フレンチトーストのドリンクつきのセットでした。ここのお店は、フレンチトーストが一押しと書いてあったのを思い出して、フレンチトーストにしたんです。ドリンクは、アイスカフェオレ。ドリンクが先にやってきたので、単独で画像載せちゃいました。二層に分かれてるんですよ。こういうのってちょっと嬉しいですよね。こういう小技もカフェぽくて好きです。見た目も重要ですから!でも、混ぜちゃえばこの層もすぐ壊れちゃうんだけどね。
ちなみに、セットのドリンクは、色々選べました。色々悩みました。カプチーノは選べたかどうか忘れちゃったんだけど、もしかすると、カプチーノはデザインカプチーノかもしれないです。HPに載っていたカプチーノがデザインカプチーのだったので。もし、そうだったら、どんな絵が描かれるんでしょうね?


しばらく待って、やってきましたフレンチトースト!見た目だけで、もうメロメロです。私が選んだのは、MIXベリー&紅茶シロップのフレンチトーストでした。ここは、フレンチトーストのサイズも選べるんですよ。この画像はSサイズ。もうちょいがっつり食べたい方はMサイズを選ぶといいでしょう。小さなバケットのフレンチトーストに、ベリーのソースと紅茶シロップ、横にはバニラアイスとホイップクリーム、もう、私の大好きな要素が詰まってて、きゃぁ〜♪ってなってました。キャラメルバナナとか、ブルーベリーとか変り種だとベーコン&チーズとか色々ありました。
もちろん、ケーキとかランチにはサンドイッチとか他にも色々あるのです。正直、何にしようか迷います。ちょっとづつ色んなものが食べてみたいです。


このお店には、近くに姉妹店もあって、CAFE FREDY TAPASという、どちらかと言うとお食事中心のお店もあります。でも、フレンチトーストはここでも食べられるんですけどね。他に、吉祥寺に東急と、立川の高島屋にもお店があるらしいので、お近くの方は銀座まで出なくても、そちらでOKですね。
休日は混むと思いますが、時間をはずせば、ゆったりとくつろげると思いますよ。

追記
前回行ったときは、入り口付近に座ってたので見えなかったのですが、ここが厨房です。雰囲気のいいカウンターになってます。やっぱり、こちらもふわっと日が射してる感じが素敵です。本当にここがB1だなんて写真見ただけでは信じられないですよね。
この写真ではわからないんですが、左側に大きな窓があって、二人がけのソファー席があって、とてもいい感じです。私が行った時は、ちょっとオシャレなお嬢様風のOLさんが楽しそうにお茶も飲みながらおしゃべりしてました。


その時食べたのが、プレーンのフレンチトースト。メイプルシロップをたっぷりかけて食べました。おいしいぃ〜このホイップも嬉しいです。
いちごミルクを飲んでみました。やっぱり、カプチーノとかカフェオレとかコーヒー系の方がいいかな。今度はカプチーノで行きたいと思います。


CAFE FREDY 銀座店
住所 東京都中央区銀座1-4-5 ノーリーズ銀座店B1F
TEL  03-3564-2077
営業時間 11:00〜21:00
日・祝日・2月・8月 11:00〜20:30

| 銀座のcafe | 17:43 | comments(3) | trackbacks(0) | かじい れもねーど |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK)
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

私も買いました!このブログにも載ってるカフェも登場しています!
RECOMMEND
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B (JUGEMレビュー »)

私が使ってるドリッパーです。コーノ式は、最近は結構スーパーとかでも売ってるのでお手軽に買えるようになりました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
わっしょい君