Cafe Kajii Lemonade

私が行った素敵なcafeをご紹介。コーヒークレイジーゆえ、コーヒーが中心になるかと思います。
でも、スウィーツも重要なので、コーヒーとスウィーツがおいしい、かつ雰囲気の良いcafeを綴っていきたいと思います。
やはり、cafeは、ほっこりできる空間であるべきだと思います。
cafeに立ち寄る前の道案内的ブログになれば嬉しいです。
更新情報とカフェ一覧つけました。ご利用くださいませ。

このブログの文章や画像を無断で掲載したりリンクしたりすることはご遠慮ください。必要な場合はご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
鎌倉 OXYMORON
                                                              鎌倉に来たら、恐らく、多くの人が小町通りを通ると思います。段葛から一本ずれた賑やかな通りです。その通りの真ん中より若干鎌倉駅寄りに、このカフェはあります。教会が見えて、ピロシキで有名な露西亜亭の前に来たらストップです。同じ敷地内(こもれび禄岸)にあるのです。露西亜亭の奥にある建物の2Fにこのカフェはあります。


入口を入ると、カフェスペースと反対側では、雑貨のショップがありました。入った瞬間、いつも緊張してしまうのですが、このお店は不思議と、緊張することはなく、お店の方もすぐ気が付いてくださって、案内してくださいました。とても、ナチュラルな流れでした。流れだけではなく、店員さんもナチュラルって言葉がぴったりな感じでした。
このお店が初めてですか?と聞かれ、そうだと答えると、メニューの説明をしてくれます。

机もイスも、昔の学校で使ってた感じです。もちろん、大きさとかはちがうのですが。アンティークいうよりは、大事に使ってきたものという感じがします。なんだかほっこりしました。窓が沢山あって、自然の光も沢山入って、とても雰囲気がいいです。ここでは、せかせかした時間を忘れることができるでしょう。
私は、カレーとドリンクと甘い物のセットをオーダーしました。このセットで1800円。普段のランチなら、かなりブルジョア価格ですが、おいしい物の前で、NOとは言えないよね〜それどころかYESを連呼してしまう私です。
これは、ほうれんそうとチキンとトマトのカレーです。名前が付いていた気がしますが、忘れましたゴメン。


カレーが来たときは、ご飯とカレーと別々の食器に入っていました。この写真は、ご飯にカレーをかけた後です。オーダーする時に、好みの辛さを言って、辛さが調節できるのですが、私は辛いものが苦手なので、スタンダードな中辛をオーダーしました。程よい辛さで、しばらくすると、ちょっと汗ばんでくる感じでした。スパイスを何種類使ってるんだろう?一般家庭ではちょっと難しいだろうなという、スパイスのきいた本格的なカレーです。スープカレーではないけれど、少しさらっとしています。お肉も柔らかいし、パクパクもりもり、あっという間に食べ終えてしまいました。カレーが大好きな私にとっては、嬉しい限りです。


ドリンクは、アイスチャイをオーダーしました。やはり、スパイスを扱っているお店は、コーヒーよりチャイを選んでしまいます。本当は、ホットのチャイがよかったのですが、この日は、暑くて、とてもホットを飲みたい気分ではなかったです。
ぽってりした、大きめのグラスに入っているチャイは、程よい濃さで、とてもおいしかったです。アイスチャイって、薄くなって出てくるところが多かったりするのですが、このチャイは、まさしく程よいのです。控えめなのに完成度が高いのは、素晴らしいことです。
ちなみに、私は、ちょっとガムシロを入れて飲む方が好きでした。



甘いものは、オレンジのパウンドケーキを選びました。ここのカフェは、定番と今月の甘いものと何種類からか選べます。正直、全部食べたい!という感じなのですが、オレンジが好きな私としては、この時期、イチゴに行きがちなところへ、オレンジのメニューを出してくれたことに感謝しつつ選んだのでした。生クリームもついていたので、それも魅力的でした。ちなみに、イチゴのメニューもあったのですが、あえてのオレンジを選んだ私です。
しっとりしていて、ほのかに広がるオレンジが、とてもいいです。甘いものを食べて、幸せ♪と感じる、あの感じががっつりと感じられます。見た目以上に、食べ応えがあるので、カレーの後に食べたら、ちょっと多いかも?と感じる方もいるかもしれません。私は、もちろん、パクパクもりもりいただきました。生クリームにつけて食べると、また感じが変わっておいしいのです。HPに、今月のおいしいものは載っています。ここをチェックしてから行った方がいいかも?です。その場だと、優柔不断な方は、目移りして迷います。


これ、何だと思います?クルミをキャラメリゼしたお菓子です。わざわざオーダーしたのではないです。アイスチャイの写真をご覧ください。右に、キャンディーのようにくるっとなったものがあります。それがこれ。伝票のペーパーウエイト代わりに、ちょこんと置かれていました。最初、なんだろう?と思って、恐る恐るあけてみたら、キュートなお菓子とご対面でした。こういう、ちょっとしたことって、ちょっとどころじゃなくて、大きく響くんですよね。なんだか、嬉しいんです。おまけが嬉しいのと、伝票なんていう、無機質になりがちなものに、ちょっと茶目っ気が感じられたり、見た目も場を和ませてくれます。
このお菓子は、レジのところで、袋詰めになって売ってました。お試し的な意味合いもあって、なるほど、素晴らしいと思いました。

人気カフェの宿命か、このカフェは、平日にも関わらず、席は気が付いたら埋まっていました。お休みの時なんて、きっと待ち時間も長いのでしょう。名前を書くシートが外にあったくらいですから。できれば、せかせかしないで、のんびりした感じで行きたいものです。まだまだ、おいしいものが沢山あるので、これは何度も足を運ばなくてはならないでしょうね。HPをよーくチェックしつつ、また行きます。

OXYMORON
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-28 2F
営業時間:11:00〜18:30(LO17:30)
TEL:0467-73-8626
定休日:水曜日
| 鎌倉のcafe | 14:33 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉の某カフェ
 久しぶりに、残念なカフェに行ってしまいました。最初に書いておきます。かなり辛口なことも書きますが、このカフェがいいカフェになってくれることを祈りつつそのカフェであったことを残したいと思います。

私は、この日、鎌倉で七福神めぐりをしていました。途中で、お昼を食べようと思い、そのカフェへ行ったのです。前々から行ってみたかったカフェの一つで、蔵造りのちょっと雰囲気のあるカフェなのです。とても楽しみにしていたんです。
お店に入って、お店の方のリアクションが薄く、どうすればいいのかわかりませんでした。自由に席を選んでいいのか、指定されるのか、普通だったらすぐ反応があるところなのですが。しばらくして、オーナーらしきご婦人が、カウンターへどうぞとやっと言ってくださりました。正直、カウンターはあまり座りたくなかったのですが、大きなテーブル席かカウンターかだと、一人で来た私には、カウンターの選択肢しかありません。これはしょうがないです。
席について、しばらくメニューも水も出てきませんでした。忙しいから仕方ないかなとは思っていたんですが、あまりいい気はしません。私のすぐ横でひっきりなしに、料理が出されては運ばれて行っていて、とても忙しなかったです。とても、カフェでゆったりという雰囲気ではありませんでした。お正月を少しすぎているとはいえ、この時期の鎌倉は混んでいるので仕方ないと言い聞かせました。
やっとメニューを出されて、ランチを選んだら、品切れですと言われました。まだ、開店から一時間も経ってないのに。10人くらい人が入っていたので、その人たちで売り切れてしまったのでしょう。それってなんだかなぁ〜と思いながら、他の物を選んで。待つことにしました。
カウンターには私の他に2組後からやってきました。この2組もまた、水もメニューもすぐ出てきません。私と同じものを頼んで、品切れと言われていました。どうして先に、これは切れていると言わないのか私には疑問でした。なんだか不親切だなと思っていました。ここまで接客してくれたのは、カウンターで作業をしていた若い男性でした。最初からあまり愛想がないとは思っていたけれど、ちょっと違うなという違和感がぬぐい去れませんでした。

そんな中、事件は起きました。サラダを食べていたとき、いきなり熱湯が私に降りかかってきました。私だけじゃなくて、そばにあったデジカメや、七福神めぐりをしていて、ご朱印が押してある色紙にも。
サイフォンの中のお湯が沸騰して、溢れたのです。3個か4個かあって、それがいっぺんに、噴出したんです。カウンターに座ってる人3人が湯をかけられました。幸い、肌にはかからずに、服だったのでじかには触れていません。でも、熱いとはっきりわかるくらいはかかったのです。一瞬、何が起こったか全然理解できませんでした。カフェにいて、お湯が降りかかってくるなんて、一体誰が予想できるでしょうか?
我に返って、デジカメは大丈夫か?色紙は大丈夫か?と確認したら、両方とも幸いにも無事でした。店員は一瞬驚いて大丈夫ですか?と言って、おしぼりを差し出しましたが、それだけです。おしぼりで拭いたら大丈夫でしょ?って感じのあっさりした感じ。しばらくして、その事実を知って、オーナーらしきご婦人が大変恐縮していましたが。

私は思います。カフェには限らないことですが、料理がおいしければいい、飲み物がおいしければいいっていうわけではないんです。こういう対応をされて、いい時間を過ごせるわけがありません。起きてしまったことは仕方ないです。でも、その後のフォローが大事だと思います。このカフェは、ダメ極まりなかったです。このカフェっていうより、店員さんがですけどね。
そのまま食事をしてもおいしいはずがありません。とっとといただいて、店を出ました。この店にいたくなかったんです。帰り際も、普通の応対で、心ない「ありがとうございました」だけでした。きまったフレーズをリピートするかのような、そんな感じです。

ちょっと泣きたい気持ちになりながら、お店を出てしばらくすると、オーナーらしきご婦人が追いかけてきました。こんなことになってしまい、お代をいただくわけにはいかないと、私にお金を返してきました。私は、いりませんと受け取りませんでした。押し問答みたいになりましたが、私は受け取りませんでした。オーナーらしきご婦人は、半分泣きそうになりながら「また来てください。今度は必ずきちんとしますから」とおっしゃり、お店へ戻って行きました。彼女こそが、ちょっと救いだなと思いました。あの男の店員さんは、多分、ことの重大さを全くわかっていません。オーナーさんが、今後どう指導していくかなのでしょう。私は、到底行く気になれません。このカフェを勧めることもできません。でも、誰もがいいというような評判のカフェになったら、その時はもう一度行ってみたいと思います。

色々なカフェに行きましたが、ここまでがっかりというか、残念というか、泣きたくなったのは初めてです。しかも、大好きな鎌倉で起きたことなんて・・・こういうことは、二度と経験したくないです。



| 鎌倉のcafe | 22:15 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 イワタコーヒー
 
世間は、お盆休み。きっとみんな帰省して、関東ではないところにいるはず・・・と思った私が浅はかでした。お盆だろうが、休日と言える日には、鎌倉は人がいっぱいです。
11時だし、まだ人はそんなんでもなく、イワタのホットケーキもOKだと思ったのですが、私が行った時点で、約30分待ちで、さらにホットケーキは80分は待つとのことでした。ホットケーキはオーダーから20分は覚悟が必要なのは知ってましたが、80分とは・・・。迷ったのですが、既に、口がホットケーキを欲する口になってしまっていたので、仕方なく並びました。

ここに本文を記入してください。1時間絶たずに何とか席に着くことができました。割と入口から近い席だったので、並んでいる人の視線を感じながら、待っているのが、申し訳ないような気持ちになってしまいます。しかも、このとき、一人だったのでなおさらです。
昔の喫茶店の雰囲気を残しつつ、インテリアも懐かしい感じです。でも、何年か前に、ここは改装したんですよね。改装前は入ったことがなかったので比べられないですが。


ここに本文を記入してください。レジの近くにある冷蔵ケースです。ここにおいしそうなケーキが並んでいます。
しかし、ここまで行列を作っている理由は、この冷蔵ケースの中ではなく、フライパンの中にあるんです。


この喫茶店は、フードは、サンドイッチやホットドックの軽食とケーキやプリンアラモードなんかのデザート系があります。でも、お客さんのほとんどのお目当ては、ホットケーキなんです。このメニューも下の方に別格で載ってます。この写真はキレちゃってますが、すみません。
焼き上がりに20分から30分かかると注意書きがされています。だから、時間のない人には食べられない一品でもあり、いい言い方ではないですが、回転が悪いので行列になってしまう理由でもあります。


お目当てのホットケーキがやってきました。30分はかからなかった気がします。待ってるのはつらいですが、これを一度拝みたかったんですよね〜高さは5〜6cmはあるのでは? 厚みじゃなくて、高さという言葉を使ってしまうほど厚いです。これが、時間のかかる理由です。じっくり焼かなきゃできません。たっぷりとメープルシロップをかけていただきます。満足です。ミッションを達成したって感じがわかりやすいかな?
この量は、一人では多いです。私は、お昼ごはん代わりにしたのですが、それでもおなかいっぱいです。最後の方は、義務感で食べてる感じでしたから。これは、二人か三人でちょうどいいです。単品で800円くらいしたので、シェアしてちょうどいいと思います。多くの方がそうしてましたしね。お店の方に言えば、フォークを持ってきてくれますよ。

一緒にオーダーしたのはカフェオレです。ブレンドを頼みたかったのですが、ここのところあまり胃の調子も良くなかったので、ミルクを入れた方にしてみました。
フォームミルク乗ってます。カフェラテの方になれてしまったのもあるけれど、私には、ちょっとマイルド過ぎました。今度はブレンドを飲んでみたいと思います。川端康成や大佛次郎など、文豪と呼ばれる人も訪れた老舗の喫茶店で、コーヒー飲んでるなんて、なんだかいいですよね〜


長居ができるわけもなく、さっさとお店を出ましたが、帰る頃には席に着くのは1時間近くかかるくらいになっていました。ホットケーキも本日分が終了みたいでした。このお店は、午後あたりに行くと、ホットケーキは食べられないことが多いんです。休日なんかは、特に。お店の前に、ホットケーキ終了の紙があるのをよく見かけます。コーヒーだけなら、夕方近くがいいかも?です。
あと、個人的に残念なのは、喫煙可であること。一応、分煙してますが、これが一番つらかったです。吸う人が来てしまうと、アウトです。奥の方に座らないと、分煙の恩恵は受けられないし、帰るときは、喫煙席を通ることになるので、結局はタバコ臭い空間になってしまうのですよ。あのお店じゃ、分煙してもそんなに効果がないと思うので、吸う人がいたら私は無理かなぁ〜嫌煙派の人は、注意してください。私は、なかなか行けそうにないというのが本音かな。ブレンドは飲んでみたいんだけれども。タバコの問題は、本当に難しいです。吸いたいっていう気持ちはわかるけれども、あの煙が嫌だって気持ちもわかってほしいのよね。


イワタコーヒー
住所:神奈川県鎌倉市小町1-5-7 (東口の小町通りの入口のすぐ近くです)
TEL:0467-22-2689
営業時間:10:00〜17:30(L.O)
定休日:火曜日・第2水曜
| 鎌倉のcafe | 18:21 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
長谷 Lunch&カフェ カンパネラ
 
6月は紫陽花のシーズンです。長谷は、紫陽花の名所の一つ長谷寺もあるし、成就院も行けるし、とても混んでいます。細い歩道は絶えず人!って感じです。信号が赤になると、渋滞です。そんなうんざりするときに、ほっと一息つかせてくれるカフェがあります。ここも前々から行きたかったカフェなのです。一番混んでいるであろうシーズンに行ってみました。駅から30秒と書いてあって、本当?と思っていたけれど、本当でした。迷いようがないというか、見つけられないとしたら、通り過ぎちゃうのが原因かもねって感じです。これは便利!
ちょっと、カフェと言うより、ダイニングぽい作り?と思わせる入口は落ち着いていて、普段カフェに見えんな人も入りやすそうです。

お店は、縦長の作りなため(正確にいえばL字型な感じなのですが)、この呼び鈴でお知らせくださいということが書かれています。この呼び鈴がとてもかわいい。素敵♪と思って、鳴らしちゃおう!と思ったら、たまたま店員さんが気づいてくださったので、鳴らさずじまいでした。ちょっと残念。違う方が鳴らしているのを聴きましたが、とても綺麗な音でした。呼び鈴としてじゃなくても、机の上とかに飾っておきたいです。これ欲しい!と思ってしまいました。


中に入ってみると、カフェというよりは、モダンなダイニングといったシックで上品な感じでした。でも、敷居が高いんじゃなくて、とても居心地のよい感じ。どこかほっとできるところがちゃんとあります。これ重要!ゆとりのある座席の配置で、それも居心地の良さに影響与えてますね。隣の席の距離が近すぎると落ち着かないし、話も混ざっちゃう感じがして嫌なんですよね。一人で来る場合も落ち着かないし。
あと、このお店のポイントは窓だと思います。この写真の窓、光が射している感じに見えませんか?でも違うんですよ。この窓から外は見えません。窓っぽく見せた照明になっています。煌々と照っている感じじゃなくて、お天気の日の窓って感じ。この日は、梅雨の真っただ中で、外は降ったり止んだりな、どんよりした曇りでした。でも、このお店の中は、心地よい光がさした空間があるのです。それがとても素敵だなと思うのです。

あと、嬉しかったのが、カフェオレとカフェラテの違いが書かれた説明がテーブルに置いてありました。私は知っていたけれど、こういうこだわりが嬉しいです。違いがわからなくてオーダーしている人が多いですもんね。カプチーノの違いもこの説明書きでわかりますよ。きっと、へぇ〜と思う人が沢山いると思います。
このお店で出しているのはカフェオレなんだそうですが、言えばラテにしてくださるそうです。好みを言えば、もうちょい踏み込んでアレンジしてくださるみたい。ちなみに、私はカフェラテ派です。さらに言えば、エスプレッソのショット多めが好きです♪だから、スタバに行くと、豪華にしたいときはWショットにしてもらうのです。

でも、今回はブレンドを頼みました。ケーキセットを頼んだ場合、ドリンクは紅茶かコーヒーなので。お得がある時は、そちらに流されてしまう小市民なもので。
このブレンドは、私好みの苦めです。といっても、飲みやすい苦さです。とても丁寧に淹れてるんだろうなぁ〜っていうのが感じられました。飲んでほっとするのは、おいしさももちろんだけれど、そういう丁寧な感じが感じられてこそなんですよね。
あと、カップも私好みで素敵です。

本日のケーキは、ブルーベリーのタルト。これが、絶品でした。ブルーベリーが大粒で、とてもみずみずしくて、噛むとはじけて何とも幸せ♪上にソースもかかっていて、それに絡むとこれまたおいしい!生クリームもタルト生地もおいしくて、それぞれが主役級。それが合わさると無敵です。一口一口、食べているこの時間が幸せ♪って感じでした。私が求めるブルーベリータルトです。参りました。


食材も地元密着な感じで、鎌倉野菜や鎌倉ハムが使われていたり、季節の果物で手作りシロップでソーダがあったり、ほっこりする要素が沢山ちりばめられているカフェです。まだお食事は食べていないので、今度はお食事もいただきつつ、ソーダとかスウィーツも欲張っていただきたいと思います。きっと入口で、かわいい小鳥ちゃんの呼び鈴をちりんと鳴らすことでしょう。

Lunch&カフェ カンパネラ
住所:神奈川県 鎌倉市長谷2-14-12 (長谷駅より大仏様方面に
徒歩30秒)
営業時間:10:00 〜 19:00(L.O 18:30)
TEL:0467-22-6798
定休日:火曜

| 鎌倉のcafe | 23:21 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 Bergfeld
このお店を知ったのは、かなり前のことです。なかなかこちらの方へ来る機会がなく、来ることができずにいました。荏柄神社にお参りに行くことになったとき、だったら、絶対ここへ行かなくちゃ!と思って行ったのが、ここ、ベルグフェルドです。
八幡様の奥、横浜国大の付属小学校をさらに進んでいくとあります。バス停の岐かれ道のすぐ目の前です。鎌倉駅から歩くとなると、20分はかかるのではないでしょうか?私は、報国寺の帰りにバスで楽に行ってしまいましたが・・・ちなみに荏柄神社はこのお店から5〜6分ってところでしょうか?



ベルグフェルドは、ドイツパンのお店です。このカフェは、併設されたカフェなのです。ここは、本店ですが、長谷にもお店があります。長谷の方が駅から近いので、行きやすいですよ。
長谷のお店に入ったことがないので比較できませんが、こちらは全体的に、家具は濃い茶色の木製のものです。なんだかとても、ほっとする感じが嬉しいです。カフェと言うより、家族の食卓って雰囲気が何とも言えずいい感じです。


ここにある本は、カフェに来た方が読んでいいみたいです。鎌倉の本がちらほらあるのですが、その中に「きょうの猫村さん」があるのが、きゅんとしました。本棚って、その人の人となりがわかるじゃないですか。お店に置いてある本も、そのお店の雰囲気を反映しますよね。もう、「きょうの猫村さん」があったのを見つけてしまった時、無条件に、このカフェ好き!と思ってしまったのでした。




しばらくして、お先にコーヒーがお登場です。今回は、ケーキセットをオーダーしました。パンが主役なお店なのに、ケーキはうーん・・と思ったのですが、時間がかなり中途半端な時間でこれは次回はランチでサンドイッチをいただきにくる!と決意を胸に(大げさかもしれないですが、おいしいものに対していつだって本気な私です。)ケーキを選んだのでした。
話を戻して、コーヒーですが、これまた私好みの苦み系。最近は酸味より苦味が強いコーヒー多いですね。そういう傾向なのでしょうか?私にはウエルカムなんですけどね。
ケーキはロールケーキを選びました。チーズケーキと迷ったのですが、イチゴがあると、そっちを選んでしまうのは、もう、反射的という感じです。スポンジがしっとりしていて、クリームも甘さ控えめで美味しかったです。しかもクリームたっぷりだしね♪

「きょうの猫村」さんがあったから好きというのは、もちろんおまけみたいなもので、それがなくとも私はこのカフェが好きです。落ち着いていて、おいしいフードとコーヒーがあって、心地よい時間が過ごせるそんなカフェです。私が行った時も、地元の方らしき方がちらほら読書をなさっていました。こういうところで読書できたら最高ですよね。とりあえず、私はサンドイッチを食べなくちゃ。パンの焼き上がり時間を調べておかなくちゃ!と思うのでした。

Bergfeld
住所:鎌倉市雪の下3-9-24(岐れ道のバス停の目の前です。)
営業時間:10:00〜18:00
定休日:火曜日、第三月曜日
TEL:0467-24-7616
| 鎌倉のcafe | 18:34 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 Rakaposhi
鎌倉へ行ってきました。もう、精神的にかなりダメージを負っているので、どうにかしなくてはと八幡様へお参りに。昔から、こんな時は鎌倉へ行ってしまうんですよね自分でもよくわからないのですが。
帰りにロミさんのジャムを買ったりして、ヘロヘロになって、これはちょっと休憩したいわと思い、カフェりました。どこにしようか迷ったのですが、やはりまだ行ったことのないカフェがいいと思い、前々から気になっていたところへ。御成通りを2〜3分行ったところにあるRakaposhiへ馳せ参じました。オープンして、まだ1年は経ってないのでは?それくらいにまだ新しめのカフェなのです。


外から見ると、あまりわからないのですが、このカフェは、お花屋さんが併設されているカフェなのです。この画像の奥に見えるお花が、お花屋さんのスペースなのです。お花が見える風景って、本当に和みます。目に見えるだけじゃなくて、お花の香りもふわっと薫るのです。よく、1輪ざしでテーブルの上に花があるカフェや、アレンジメントが飾ってあるcafeはあるけれど、ここまで大量にお花があるのはお花屋さんならではです。素敵♪
座席数はそんなに多くなく、ざっと数えて14席くらい?アンティークな感じの木のテーブルとイスが何とも言えずいいです。私の好きなカフェの傾向として、木のテーブルとかイスはかなり強いみたいです。
私は窓際の席に座ったのですが、なんだかとてもいい感じでした。御成通りを通り過ぎて行く人を見ながらぼんやりとしていられるのが何とも言えず、穏やかになれる時間でした。


ケーキセットを頼みました。ケーキを頼むと、ドリンクが割引になるシステムです。確か200円くらい割引だった気が・・ドリンクは紅茶も珈琲もありジュースもあり、ハイネケンまでありました。思った位以上に豊富でした。ほうじチャイに心惹かれつつも、このときは暑かったのでアイスのカフェラテをいただきました。
コロンとした口が大きなグラスにミルクとコーヒーのセパレートが素敵です。やっぱりこういう感じで出てくるとテンション上がります。混ぜるのがもったいないと思いつつ、シロップ半分くらい入れてかき混ぜました。シロップは13gでした。16gは今はそんなにない?なんて思いつつ見てました。ロックバンドをそこそこ知ってる人なら、この感じわかっていただけるかしら?
コーヒーは苦味が強いタイプ。好みです。よかった。ドリンクにはクッキーがついてくるみたい。このちょっとした気遣いがうれしいですね。


選んだスウィーツは、ブルーベリーのタルト。5〜6種類くらいあったのですが、2つばかり売り切れが・・黒板に書かれたメニューの中に消されたアップルパイの文字がうっすらと。あぁ、残念。
最初、ブルーベリーが沢山乗ったのを想像していたので、一瞬がっかりしたのですが、食べてみたら、しっとりしていて甘さもちょうど良く、しかも、ブルーベリーのソースにつてけてもホイップを付けてもおいしかったので、最初のがっかり感は気がついたら吹っ飛んでいました。


お店の方もとても感じがよくて、居心地がいいお店でした。お店の名刺をいただいたら、今日で来たばかりとのことでした。サイズを大きくしたら、ポストカードに使えそうなシックな花の絵が描かれている素敵な名刺でしたよ。この店はランチもやっていて、そのフードメニューも色々なブログを拝見していると魅力的でした。これは行かねばと思います。御成通りは結構スルーしてきた私ですが、探索しなくちゃ!と思いました。鎌倉は、歴史だけでなく、カフェもなかなか奥が深いです。

Rakaposhi
住所:神奈川県鎌倉市御成町2-12
(江ノ島電鉄鎌倉駅西口より徒歩2分御成通りを直進)
電話: 0467-55-8922
| 鎌倉のcafe | 20:51 | comments(2) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 mimi Lotus
鎌倉に行ってきました。コーヒーが飲みたいなと思っていたのですが、行きたかったお店は夏休み中でした。じゃ、紅茶にしよう!と思って行ったのが、このmimi Lotusです。八幡様からの帰りに、真っ直ぐに伸びる若宮大路を海の方へ向って歩きました。鎌倉駅からだとそんなにかからないですが、八幡様からだとちょっと遠いです。
ちょこっとだけカーブした階段を上がると、このカフェはあるのです。外観も雰囲気があって素敵です。


階段を上がって、かわいらしいドアを開けると、おうちのリビングのような、ほっこり落ち着いた空間が広がっていました。おひとり様でもすっと自然に入って行けるから素敵です。実際私が行った時も、文庫本を読みながらお茶をしている学生さん風の女性がいらっしゃいました。私は一人でカフェに入ることが多いので、これは重要なのです。ほっとしたいときにほっとできないのは、カフェとは言いたくないのが個人的な意見です。


キッチンはオープンキッチンです。美味しいものはここで作られています。ワッフルの甘いにおいが漂うと、もう、それだけでなんだか幸せなんです。このときはお二人で切り盛りされていましたが、注文とかお水を持ってきてくださるタイミングが絶妙で凄いなぁ〜と思いました。



壁には、黒板に書かれたメニューが。とてもおしゃれな感じ。ほっこりの中にもオシャレさんが隠れているのがとても素敵です。
ここは紅茶専門店なので、ドリンクメニューはもちろん紅茶なのですが、専門店にありがちな敷居の高さは全然ないです。ふらっと入れる専門店。敷居は低いけれど、レベルは高いぞ!って感じのお店なのです。本当はこういうのがプロなんですよね。素晴らしいです。


私がオーダーしたのは、季節のフルーツティ。今回は白桃の紅茶です。「旬のフルーツを使って、もぎたてのおいしさをどうぞ」というのがコンセプトみたいです。HPのメニューのところに書かれていました。生の白桃がカップの中にごろっと入って登場です。ここに紅茶を注ぎ淹れるわけです。


紅茶は、キャンディだそうです。(帰る時にお店の方に聞きました。)紅茶をカップに注ぎ淹れるました。一瞬、うぉ!となってしまいました。やはり、旬のものってパワーがあります。この白桃ちゃんも、ふわっと白桃の甘い香りが漂って、私はなんだかメロメロになってしまいました。生のフルーツの力って、こういうことなのよねと妙に納得してしまいました。紅茶も飲みやすかったです。ポットでたっぷり3杯くらいはいただけました。さし湯もOKなので、お店の方に申し出れば入れてもらえます。その前に、さし湯いかがですか?と聞いてくださいましたけどね。


お茶のお供には、もちろん甘いものが欲しいのが私なのです。今回は、季節のフルーツワッフルをいただきました。このお店は、旬のフルーツでワッフルを作っているんです。だから、不定期に季節のフルーツワッフルは変わるんです。このときは、ネーブルのワッフルでした。丁寧に皮をむかれたネーブルは、とても甘くてジューシーでした。添えられたアイスは、はちみつのアイスなのですが、しっかりとはつみつの味がするんですよ。おいしかったです。キューイとかブルーベリーもちょこっと添えられているので、それも嬉しいです。ふわっとあったかなワッフルに冷たい素材を一緒に食べると、この温度差が素敵です。


このお店は、茶葉や紅茶のグッツなんかも販売しています。やっぱり、ここの紅茶は美味しいなぁ〜と思い、今回は紅茶も買ってしまいました。季節の紅茶で使ってる茶葉は?と聞いてみると、KANDYという茶葉とのでした。この茶葉は、癖があまりないので、フルーツティーに向いているそうです。茶葉を買ったら、フルーツティーの作り方が書かれたプリントもいただいちゃいました。ちょっとしたコツが書かれていて、へぇ〜なんて思ってしまいました。ストレートもミルクティーも好きです。って話をしたら、両方いける!というディンブラもちょこっとおまけでいただきました。ありがとうございました。家で、巨峰で淹れてみましたが、おいしかったです。


いきなり追記
実はこのお店に来たのは二度目なんです。最初に来た時に、ブログに上げそびれていたんです。(実はそんなお店んがいくつかあるのですが・・・いや、書ききれないときもあるのです。)言い訳はいたしませんよ。最初に来た時も、季節の紅茶をオーダーしました。このときはリンゴでした。やはり、生のフルーツの香りは違います。ここへ来ると、つい季節のフルーツティーを選んでしまうんですよね〜


こちらは、一番ベーシックなティーワッフルです。シロップは、パイレックスの小さなビーカーに入っているのです。これが何とも言えずかわいい!ちゃんとメモリも付いているんです!シンプルに戻りたくなったら、やっぱりこれよね〜



mimi Lotus
住所 神奈川県鎌倉市御成町4-40 松田ビル2F(1Fは御成薬局という処方箋の受付やってる薬局)
電話 0467-61-3001
営業時間 10:00〜19:00 (ラストオーダー 18:30)
定休日 毎週木曜日(祝祭日は営業、その場合、水曜日休)
| 鎌倉のcafe | 22:59 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 茶来未
朝一で、川崎で「アフタースクール」を見て、ランチを食べ、時間がまだまだあるし、お天気もいいし、ということで鎌倉へ行くことにしました。しばらく鎌倉には行っていなかったので久しぶりでした。
こっそり拝見させていただいているブログを拝見して、4月に日本茶のカフェ、茶来未(ちゃくみと読みます)がオープンしたことを知っていたのですが、桜のシーズンやGWは激混みの鎌倉なのでこんなにも時がたっていました。これからは紫陽花のシーズンが始まるので、ここぞとばかりに来たのでした。でも、遠足の小学生や、修学旅行の中学生で駅前や小町通りはごった返していましたけどね。やはり鎌倉はいつも混んでいるという結論なのかな?
このお店は、若宮大路の通り沿いにあります。とてもわかりやすいです。ただ、2Fにあるので、このお店が入っているビルを通り過ぎるとダメですけどね。ビルの入口には、この看板があるので、目印に。本当はビルの入口を撮れば良かったですね。すみませんでした。


ビルの入口の正面に階段があります。その階段を上がると、このお店の入口があります。階段や通路はちょっと暗いのですが、お店はガラス張りなので、明るいです。私が着いたときは13時頃だったので、まだお茶する時間帯じゃなかったので、お客さんはいなかったです。お店の方も、こんな時間にお客さんは珍しいですとおっしゃっていました。私のお昼が早かったので、こんな時間に来ちゃったんですけどね〜


お店の前は、なんとなく暗かったんですが、お店の中に入ると明るくて落ち着いた雰囲気です。お店の窓際が喫茶のスペースになっています。
私が座ったのは、茶釜の前です。茶釜があると、ついつい観察してしまいます。火鉢ここは炭でお湯を沸かしているんだなぁ〜と嬉しくなっていて、お店の方に炭でお湯沸かしているなんて凄いですねと言ったら、実は電熱器なんですよ〜とおっしゃっていました。よくみると、コイルみたいなのがぐるぐる巻かれていて、赤く光っていたのでした。でも、炭は結構リアルに再現されていましたよ。やっぱり見た目というか、こういう雰囲気も大切ですよね。


目の前には、喫茶で飲めるお茶のラインナップがでーんと並べられていました。ここのお茶のパッケージはスタイリッシュですね。お茶って、平べったい袋に入っていることが多いですが、こういう筒型だと、思わず手に取りたくなりますよね。
名前も面白くて、「ぱちり」とか「そんならば」とか「7132」とか、あまりお茶屋さんで見たことがないネーミングです。それぞれにネーミングにまつわる意味というかエピソードもあるのですが、それは、お店に行って聞くのがベスト!色々お話を聞いていて、私はとてもほっこりしました。お茶に対する愛情がとても感じられました。ちなみに、私は帰りに、「ぱちり」を買いました。


座席はカウンターで5席のみ。目の前で、お茶を入れてくださるので、ついついガン見してしまいます。真剣にお茶を入れている姿は、かっこいいというか、綺麗というか、見ているのが大好きなんですよね。意外と入れている姿を見れるカフェってないんですよね。
和カフェって、敷居が高い人もいると思うのですが、ここはそんなことありません。私は一人でふらっと入ったのですが、しかも時間が早かったため、私ひとりだったのですが、とても居心地が良かったです。お店の方と沢山おしゃべりしてしまいました。もしかしたら、ご迷惑だったのかも?とか後から思ってみたりして。


この日は、新茶が出ていたので、ここぞとばかりに新茶をいただきました。深蒸し茶でした。私はお茶を語れるほど詳しくはないのですが、やっぱり新茶って、フレッシュな感じがします。ちょっとしゃきっとするというか、そんな感じ。丁寧に入れてくださったお茶は、とても美味しかったです。やっぱりプロが入れるお茶は違います。自分でも丁寧に淹れてみるんだけど、やっぱり違うんだよね。
写真の色合いがかなり悪くて大変申し訳ないです。ねりきりも上品な甘さで美味しかったです。和菓子って、目でも楽しめるから素敵ですよね。季節ごとに変わるしね。これは牡丹だったかな。紫陽花もあったのですが、あえてこれにしました。寒天とかゼリーが苦手なので。あと、おまんじゅうもあって捨てがたかったんですが、ビジュアルも楽しむならねりきりですよね〜


お茶が終わった後に、黒豆茶とお茶の佃煮をいただきました。これまた、ほっこりです。香ばしい黒豆のお茶と、しょっぱい佃煮が、甘い物の後には何とも絶妙です。よく、甘い物のあとにしょっぱいものって食べたくなるじゃないですか。その欲求に答えてくれてます。嬉しい♪とても美味しかったです。最近のお茶屋さんの和カフェでは、この佃煮を出すところが多いですね。お茶って、体にいいし、何よりおいしいのでお勧めです。最初は抵抗がある人もいるかもしれませんが、食べてみるべきです!ごはんが欲しくなる♪


沢山興味深いお話をしていただき、とてもいい時間が過ごせました。日本茶インストラクターのこともいろいろ伺って、とてもためになりました。お茶が好きな身としては、ぜひとも勉強したいと思っています。勉強してから飲むと、また違った視点で楽しめそうですしね。
売店の方では、お好みでブレンドのお茶も作ってくださるそうですし、喫茶の方では、日本茶教室も開かれています。私もいつか参加したいです。二本の素晴らしい文化であるお茶の心をこのお店から伝えていくという誇りを持って、真摯にお茶と向き合っている姿勢がとても素晴らしかったです。私も背筋が正される気がしました。また伺います!

茶来未
住所:神奈川県鎌倉市小町2-12-35 大路ビル2F
TEL: 0467-55-5674
FAX: 0467-55-5684
営業時間: 10:00-19:00 年中無休(ビルの休館日を除く)


| 鎌倉のcafe | 16:41 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 onari cafe
鎌倉と言うと、どうしても八幡様のある若宮大路の周辺や小町通り周辺が印象に強いようですが、私はどちらかと言うと反対側の方が好きです。駅とかの表示だと、銭洗い弁天側というか、市役所の方です。通称は裏駅側です。好きって言うと語弊があるかもしれないですが、落ち着くんですよね〜ほっとしたい時に鎌倉に行くことが多い私としては断然裏駅派です。
この前、どなたかのブログを拝見していて、思いがけず知ったのがこのonari cafeでした。市役所の手前の小さなスクランブルのすぐ近くにこんな素敵なcafeがあるなんて!この辺は結構行ってるるはずなのに、小道を一本入ると全然知らない区域でした。


onari cafeは、小さなcafeです。座席はこの写真で見えてるのが、ほぼ全部。このときお客さんは私だけだったので、贅沢に4人がけの席に座らせていただきました。窓側のほっとできる席です。
コンクリートの打ちっぱなしに、ほっこりするような感じの家具。ここには写ってないですが、雑誌も読めるように置いてあるし、小物なんかもかわいくディスプレイされているんです。ぼぉーっとしながら、なんかいいなぁ〜と思っていました。
カウンター越しにはお店の方が調理してる姿が見えました。こういうオープンキッチンっていいですよね。私は作ってる姿を見てるのが結構好きです。もちろん、ガン見とかはしませんけど、ふと見て一生懸命調理してる姿って素敵ですもん。


onari cafeのオリジナルのブレンドです。カフェオレと迷いましたが、こちらにしました。やはり初めてのお店はブレンドかなと。時々、直感でここの珈琲はあまり期待できないということがあるんですが、このお店はブレンドで!と直感で思ったんですよね〜
その直感は当たりました。オーダーが入ってから、ゴォ〜って音が。オーダーが入ってから豆を挽いてくださってるんです!素敵♪挽きたてとそうでない豆の違いは歴然です。挽きたての豆で淹れて下さった珈琲はとてもおいしかったです。私の好みからするとややマイルドですが、苦味がちゃんと感じられるおいしい珈琲です。ブラックで飲んじゃいました。ロゴがプリントされたカップもかわいいです。


珈琲のお供は、マーブルチョコレートチーズケーキです。これは2月限定のケーキです。行った日は1月31日だったので、なんだ食べられないなぁ〜と思っていたのですが、今日からでもOKですよと言ってくださったのでお願いしてしまいました。限定と言う言葉に弱いミーハー人間なもので。でも、良く考えてみたら1月限定って言うのもあったんですよね。まぁ、いっか。
ベイクドタイプのチーズケーキなんですが、土台の茶色い部分は、ココアクッキー。クリームチーズの部分もくどくないけど、こくはあって、チョコレートのほろ苦さとベストマッチング♪上の部分のマーブルも綺麗だし、おまけにちょこんと添えられているトリュフもおいしかったです。家に帰って、ブログを拝見したらクリームチーズにホワイトチョコも混ぜ込んであったことを知りました。なるほど!チーズぽさを中和してたわけですね。まぁ、チーズチーズしてても私は好きですが、それが好みでない人でも、このチーズケーキ食べれると思いますよ。


私が帰る少し前、地元の方だと思われるご老人がいらっしゃり、珈琲を飲んでいました。常連さんなのか、店員さんは親しげにニュースの話なんかをしていました。去年の7月にオープンしたばかりのカフェだそうですが、もう、地元には根付いてるのかな?onari cafeのonariはこの町の町名ですもんね。
ジャズというかボサノバ調の心地よい音楽がかかってる中、そんな風に思ったのでした。今度は看板メニューのカレーとクレームブリュレをいただきに伺います♪

onari cafe
住所   鎌倉市御成町9−34(西口みずほ銀行の裏)
営業時間 open11:00 close20:00 (L.O19:30)
定休日  水曜日
電話   0467-25-6625
| 鎌倉のcafe | 23:11 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
鎌倉 KANDY
鎌倉の有名なジャム専門店Romi-Unie Confitureに行った帰り、ちょっとお茶でもと寄ったのがこのお店、紅茶専門店のKANDYでした。10年位前?それよりもっと後?このお店が出来て、そんなにたってない頃に行った記憶があります。それ以来だったので、かなり久しぶり。
鎌倉駅の西口(若宮大路とは反対側の出口です。通称裏駅。)の目の前の通りを2分くらい?真っ直ぐ歩くと、小さなスクランブル交差点にぶつかります。渡る手前の左側の角のビルの2Fがここのお店です。ちょうど対角線上に高級スーパーの紀伊国屋がありますから、すぐわかりますよ。このビルは、螺旋階段があるので、めだっているし、わかりやすいです。この日は、雨で(っていうか台風でした。)看板があまりよくわかりませんでしたが、いつも大きな看板が目だっています。入り口側には大きな看板出ていましたが。


螺旋階段を上がると、すぐ目の前に、不動産屋さんがあります。その隣がKANDYです。こんな風に扉が開いていると、入りやすいです。これ重要ですよね〜
入り口を入ると、カップとか、紅茶にまつわるグッツが沢山ありました。この辺にあるものは、買うことが出来ます。入り口付近はショップになっているんです。結構ゆったりスペースです。
入ると、店員さんが、お好きな席へどうぞと言ったので、丸テーブルの4人がけへ座りました。店内には二組のお客さんがいました。時間もはずれているし、こんな天気なので、贅沢に4人がけ座ってしまいました。


座席は30席あるのかな?ってくらいです。丸テーブルが2つくらいあって、後は四角いテーブルで壁に面した席が並んでいました。窓側の席が明るくていいかなと思ったのですが、先客ありで断念でした。
カーテンの感じとか、壁紙とか装飾とか、なんとも上品ですね。リボンの装飾は、色違いで色んなところにありましたよ。オーナーがお好きなのでしょうか。



紅茶専門店なので、種類が沢山あるので迷います。ストレートにするか、ミルクティーにするか、まずはそこから迷います。散々迷って、フルーツティーの季節の紅茶にしました。私が行った時は、巨峰でした。フルーツティーは、生のフルーツが入っています。この写真は、紅茶を入れる前です。紅茶のポットと共にこんな感じで出てきます。一瞬、ナス?とか思ったのは内緒です。砂時計の砂が落ちきったところで、自分で注ぎます。
ちなみに、フルーツティーはオレンジなど数種類ありました。紅茶専門店に行くとミルクティーを頼むことが多いのですが、ここのレモンミルクティーが凄く気になったんだよなぁ〜あまりないよねレモンとミルクが一緒になってるのって。今度飲んでみようかしら♪


砂時計の砂が落ち切って、紅茶を注ぎいれると、ふわっと巨峰の香りが漂いいます。これは生のフルーツならではの香りです。フレッシュですもん♪私には何の紅茶を使っているのかわかりませんが、癖が少ない飲みやすいお茶でした。ダージリンとか?そんな感じです。
ポットは大体3杯分くらい入っています。落ち着いていて、のんびりと出来そうなお店なので、3杯分って、お茶も時間も十分に堪能できそうな量で嬉しいです。しかもおいしいのでほっこりです。
この店は、藤沢にあるディンブラで働いていた方が出したお店なので、紅茶のおいしさにはお墨付きなのです。ディンブラは湘南地区では、紅茶の美味しい店で有名なお店です。ディンブラは、元は鎌倉にあったのですが、藤沢に移転しました。ディンブラって、知ってはいるんですが、まだ行った事ないんですよね〜ちなみに、鎌倉にはやはりディンブラで働いていらっしゃった方がやっているミミロータスもあります。こちらも行ってみたいお店です。KANDYよりさらに真っ直ぐ歩いていくと、ぶんぶんという、これまたおいしい紅茶専門店もあって、古都鎌倉とは言え、紅茶の美味しい街でもあるんですよね〜


チョコレートワッフルです。カリッていうよりは、ふわって感じのワッフルです。チョコレートソースがたっぷりでうれしい♪中央のクリームは、チョコレートクリームですが、ピーナッツがまぶしてあって、それが香ばしくておいしかったです。意外とこのクリーム出すところないんですよね〜ありそうでないクリームに大感激でした。でも、紅茶と一緒なら、一番シンプルなシロップをかけて食べるワッフルが一番いいかも?その方がお茶の美味しさも際立ちますからね〜


ここのお店は、紅茶もワッフルも美味しいけれど、店員さんも素晴らしかったです。客席が見渡すことが出来るカウンターのところで、いつお客に呼び止められてもいいように、お客さんが何か困っているかわかるように、ずっと立って見ているんです。と言っても、席からはちょっと距離もあって、その視線は気になると言うわけではありません。こういうさり気ない気配りって素晴らしいですね。私がオーダーをお願いしたときも、メニューを置いてちょっと顔を上げただけで、すっと来てくださいました。本来なら普通なのかもしれないですが、素晴らしいなと思いました。プロだなぁ〜と思いました。

KANDY
鎌倉市御成町11-29鎌陽洞ビル2F
TEL 0467-25-3272
営業時間 10:00〜19:00
定休日 水曜日
| 鎌倉のcafe | 15:03 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK)
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

私も買いました!このブログにも載ってるカフェも登場しています!
RECOMMEND
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B (JUGEMレビュー »)

私が使ってるドリッパーです。コーノ式は、最近は結構スーパーとかでも売ってるのでお手軽に買えるようになりました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
わっしょい君