Cafe Kajii Lemonade

私が行った素敵なcafeをご紹介。コーヒークレイジーゆえ、コーヒーが中心になるかと思います。
でも、スウィーツも重要なので、コーヒーとスウィーツがおいしい、かつ雰囲気の良いcafeを綴っていきたいと思います。
やはり、cafeは、ほっこりできる空間であるべきだと思います。
cafeに立ち寄る前の道案内的ブログになれば嬉しいです。
更新情報とカフェ一覧つけました。ご利用くださいませ。

このブログの文章や画像を無断で掲載したりリンクしたりすることはご遠慮ください。必要な場合はご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
名古屋 コメダ珈琲 エスカ店
名古屋を発つ日、最後に寄っていくところは、名古屋の喫茶店の代名詞と言っても過言ではない、コメダ珈琲店でした。名古屋では、ちょぉ〜有名な喫茶店です。カフェではなく、喫茶店ですね。チェーン店なので、いたるところにあります。私が今回行ったのは、エスカ店。名古屋駅の太閤口(新幹線の改札の方の出口です。)にある地下街がエスカと言うのです。その地下街にあります。前回私が名古屋に来たときは、なかったのです。あの時は太閤口の方のホテルに泊まっていたので、あれば便利だったのに。残念です。まだ出来てから一年たってないみたいです。駅から近いということもあり、とても混んでいました。私も20分くらい待ちました。禁煙席希望だったので、なおさら時間かかったんですよね〜ここは一応分煙なんですが、禁煙席が3分の1くらいしかなかったようです。


店内の壁は、レンガ調で、落ち着きがある感じです。私の席からは、モーニングの看板がでーんと見えました。名古屋の喫茶店のモーニングは、ドリンクを頼むとトーストとゆで卵がついてくるっていうのが通説です。もちろん、お店によって内容が全然違いますが、名古屋のモーニングはお得なところがほとんどみたいです。コメダは、ドリンクを頼むと、半トーストとゆで卵がついてきます。お題は、もちろんドリンク代のみ!素敵♪


コメダのトレードマークです。これ見ると、コメダに来たなぁ〜と思います。見えづらいのですが、実は、このステックシュガーの包装紙にも印刷されているんですよ。徹底的にコメダをアピールなんですね〜


これはお豆なのですが、私が注文したわけじゃありません。これ、お通しなんです。喫茶店ですが、コメダにはお通しがあるんですよ。名古屋では、こういうお通しと言うかおまけがついてくる喫茶店が多いらしいです。名古屋の文化なんでしょうね〜その土地ならではの文化って面白いですよね。甘いもののあとに、箸休めみたいな感じで食べるといい感じなんです。



これは、お豆の袋を空ける間です。ここにもコメダマークが!もう、笑っちゃうくらいにコメダだらけです。


ブレンドを飲みました。コメダのブレンドは、酸味が強い方だと思います。苦い方が好くな人には、あまり向かないかなと思います。私も苦味が強い方が好きなので、ブレンドとしてはちょっと苦手かな。でも、全然飲めませんってレベルではないので、飲み干しちゃいましたけどね。
チェーン店系って、意外と手を抜いてるところが多いのですが、ここはちゃんと淹れていたのが嬉しかったです。でも、客層からすると、そこまで気にして飲んでる人も少ないかなとは思いますけどね。私が行ったときは、おばちゃんの話し声がものすごく響いていましたよ。まぁ、憩いの場なんだろうなぁ。


これですよ!コメダ名物シロノワール!これは、ミニの方です。一人では普通サイズは多すぎますから。実は、私のコメダデビューは、神奈川の橋本にあるコメダでした。でも、やっぱり、名古屋でコメダをしたいじゃないですか。神奈川で食べるのと、発祥の地名古屋で食べるのは、やっぱり違うのよ!
シロノワールは、あつあつのデニッシュの上にソフトクリームがのっています。熱いのと冷たいのがいっぺんにやってくるのが素敵♪アップルパイもこんな感じのがあるけれど、アップルパイのそれとは、違うのよね〜デニッシュにソフトクリームがしみこんでいくのがまたおいしいのです。さらに、ソフトクリームの上から、メイプルシロップをかけて食べると、よりおいしいんですよ。甘すぎるんじゃないの?とか思うでしょ?それがね、そうでもないんだな。断然おいしくなるんですよね〜私は大胆にかけましたよ。もう、至福ですよ。おいしいのですよ。べしゃっとした感じが嫌いな人には向かないけどね。


ちなみに、これが普通サイズのシロノワール。コメダデビューしたときに食べました。あの時は、二人でミニを頼もうとしたら、普通サイズの方がお得ですよと店員さんにすすめられて、こっちにしたのでした。やっぱり、インパクトありますね。


お膝元の名古屋でコメダが達成されて大満足です。コメダは、なぜか神奈川で何店舗かあって、シロノワールが恋しくなったら神奈川のお店に行きますよ。でも、うちからは結構遠いのよね〜近所に出来てくれると嬉しいんですけどね〜できないかなぁ〜コメダさん、ひとつよろしくお願いいたします。

コメダ珈琲店 エスカ店
JR名古屋駅 新幹線口(太閤口)すぐの地下街のエスカと言うところにあります。
営業時間 8:00〜22:00(ラストオーダー/21:30)
TEL    052-454-3883

コメダ珈琲店自体は、名古屋にものすごく沢山あります。
一部の関西地区と神奈川県にも数店舗あります。
| 名古屋のcafe | 18:19 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
名古屋 cafe vincennes duex 
名古屋三件目のカフェです。同じ栄でも、私が泊まっていたホテルからは逆方向だったので、結構歩いてヘロヘロでした。15分以上は歩いてた気がします。方向音痴なので、ちょっと不安でしたが、APAホテルがわかれば、そこからすぐ近くでした。ここのカフェはビルの1Fなのですが、1Fは下に入り込んでいて、一度階段で降りる感じになっています。でも、通りにちゃんと看板がありましたので、あっ、ここ下りるんだ!っていうのはすぐわかりました。看板にはご注意を。壁とかについてるんじゃなくて、通りにおいてある感じですよ。で、階段を下りて、ビルの中に入ってある入り口がここです。 看板メニューが、でーんとありましたよ。これ見ると食べたくなってしまいますね〜


入り口近くの席です。このときは、カウンターか入り口近くの席しかなかったんですが、ここは禁煙じゃないらしいです。もしかすると、奥は禁煙なのかもしれないけれど。カウンターでタバコを吸ってる人がいて、さらにあとからおばちゃん4人連れが来て、うわぁ〜これは参ったと思いました。まぁ、そんなにへヴィースモーカーじゃなかったみたいなので、なんとか耐えられましたが、これはこの前の悪夢再びかと思い、ちょっとげんなりでした。
でも、雰囲気があって、素敵な感じです。重みがあるけど、窮屈じゃなくて、その重厚感はゆったりできる包容力っていうんですかね。そんな感じ。ゆるくジャズがかかってるんですが、それもまた心地よかったです。


私の席の横は、格子状になってます。雰囲気ありますよね〜ここからカウンターが見えます。お店の方が、丁寧に珈琲を入れてる姿も見えました。仕事をしている姿が見えるのって、好きなんですよね〜そういうお店って、大体がおいしいお店が多いですもん。緊張感あるせいもあるんでしょうね〜
格子の空間には、瓶などが飾られていました。地震が心配とか思ったのは私だけ?


これはニレブレンドです。苦味と深いコクがあると書かれていたので、これだ!と思いました。もう一つのブレンドの方はちょっと軽いみたいだったしね。これは、苦い珈琲が好きな人は好きな味です。サイズが2種類あって、私は、Lサイズを頼んだのですが、正解でした。これはガッツリ飲みたいです。といっても、極端に大きいわけじゃなくて、ちょっとだけカップ大きいかも?くらいのレベルです。スウィーツと一緒ならこれくらいのサイズでちょうどいいと思います。


このカフェの看板メニュー、アップルパイです。これが食べたくて、ここへ来たといっても過言ではありません。オーダーを受けてから焼き始めます。17〜18分だったかな?約20弱待たねばなりません。しかし、その代わりに焼きたて熱々がいただけます。私は食いしん坊なので、おいしいもののためなら、多少の待ち時間など苦ではないです。もちろん時間があるときですが。でも、これ食べたいなら、ちゃんと時間があるときに行きますよ。もちろん、私はこのことを知っていたので、十分余裕を持っていきました。
プラス150円でバニラアイスのトッピングが出来るのですが、これはアイスが嫌いじゃないならした方がいいです。熱々のアップルパイと冷たいアイスの感じがいっぺんにきて面白いのと、さくっとしたアップルパイととろりと溶けたアイスが絡むのもおいしいんですよ。生クリームとはまた違うんですよね〜あっ、シナモンがかかってるので、嫌いな人はご注意を。言えばきっとつけないでくれるでしょうね。私は大好きなのでウエルカムですけどね。


ランチのセットメニューも色々あるようですし、ハニートーストも目玉な一品みたいです。でも、やっぱり、あのアップルパイは無敵だなぁ〜後から来たおばちゃん軍団もほとんどの人がアップルパイを頼んでました。待てないおばちゃんはケーキを頼んでいたのがなんだかおかしかったです。私は待てないからってはっきり言ってました。あと、アイスについて色々語ってるおばちゃんもいたなぁ〜高級アイスは口に合わないとか。店員さんが困惑していました。おばちゃん、お手柔らかにね。楽しい名古屋カフェな時間でした。

cafe vincennes duex (カフェ ヴァンサンヌ ドゥ)
住所 名古屋市中区錦3−6−29サウスハウスB1
地下鉄栄駅 2番出口徒歩3分 地下鉄久屋大通駅 3番出口徒歩3分
定休日 無休
営業時間 AM11:00〜PM11:00
電話番号 052-963-8555
| 名古屋のcafe | 22:17 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
名古屋 矢場町の某カフェ
いままで、このカフェブログには、このカフェなんだかなぁ〜とおもうところは載せてきませんでした。実はちらほらあったのですよ。でも、それって、居心地の悪いカフェを野放しにしておくってことになるわけで、それはカフェ好きにしてみたら、良くないことなんですよね。カフェに入って不快になることは、本来あってはならないはずです。カフェに限らず、人をもてなすところで、そんなことが起こってはいけないんですよ。今回、そんな経験をしたので、考えを改めなおし、書くことにしました。
ひとつ、断っておきたいのは、これは、私の個人的見解だということです。他の人は、違うと感じるのかもしれません。逆に、私と同じような考え方をしている人もいるかもしれないです。参考意見としてとらえて欲しいです。特にカフェを経営してる方には。ネットの片隅に生息している、へなちょこブログじゃ届かないかもしれないけれど、カフェが大好きな一個人として書きたいと思います。

そのカフェは、矢場町の駅から結構近くにありました。長い階段を上がり、ドアを開け、その時点では、人が結構いるなぁ〜と思ったのですが、とりあえず席がひとつ空いているのが見えたので、入りました。
店内は細長い構造で、7〜8人ほど座れるソファーの席と、二人がけのテーブル席がいくつかあり、私はテーブル席に座りました。その時点で、ちょっと後悔したのは、隣の人がタバコを吸いながら話していたんです。うわぁ!ここ禁煙じゃないんだ!と知りました。タバコの煙は、もう、ダメなんですよ。タバコを吸う人にはわかってもらえないかもしれないけれど、ひどいと吐き気とか頭痛もしてくるんです。
しかし、知らないとは言え、入ってしまった手前、出ることも出来ず、夜ご飯としてカレーとアイスのカフェオレを頼みました。メニューもカフェのトレードマークが入っているファイルで、手がこんでいてかわいかったです。

しばらくして、自分がどんな状況にいたか悟りました。実は、私以外、みんな知り合いだったんです。ソファー席では、みんなで楽しそうにだんらんしているし、テーブル席でも、それぞれに話していました。途中からやってくる人もいて、みんな挨拶をしているのです。カフェの店員さんとも、かなり親しいみたいでした。ほとんど貸切だったんです。そんな状態なせいもあるでしょう。壁際にしゃがみこんでタバコを、プカプカすったり、小さいお子さまは、色んなところへ駆けずり回ったり、凄いことになっていました。
こんな状態で、疎外感を感じつつ、カフェでご飯を食べても、果たしておいしいでしょうか?居心地がよく快適と言えるでしょうか?少なくとも私は、カフェに、居心地のいい時間と空間を求めます。あのカフェにはそれがなかったんです。
私は、さっさとご飯を食べ、アイスカフェラテは、流し込むようにしてカフェを出ました。カフェを出るころには、気持ち悪くて、吐きそうな感じでした。夜風に当たって、なんとか回復しましたが・・・・・名古屋に来て、なんでこんな思いをしなくちゃいけないんだろう?って泣きたくなりました。

ここのカフェに行こうと思ったのは、とても、アットホームな感じが素敵だなと思ったからです。お店のHPやブログを拝見していて、いい雰囲気だなぁ〜と思ったのです。実際、確かにアットホームではありましたが、居心地のいいアットホームではありませんでした。あのときが、特別だったのかもしれません。普通の営業ならば、違う印象を持ったのかもしれません。でも、それは私たちお客にはわからないことなんですよ。たまたま行ったのが運が悪いんだよっていうのも違いますからね。
お店の人は、騒がしくてすみませんと、恐縮してました。とても感じのいい方でした。もしかすると、貸しきり状態だし、私の入店を断りたかったのかもしれません。でも、せっかくきてくれたからと入れてくれたのかもしれません。しかし、結果的には貸切ですと断ってくださった方が良かったです。下にある看板にでも貸切ですと書いておいてくれれば嬉しかったのに。多少騒がしいのは我慢できますが、あのタバコの凄さは我慢できません。

あと、タバコについては、もうちょっと言わせていただきたいんですが、換気が全然出来ていない状態で、タバコを何本も吸う状態が、いかに嫌煙家は苦痛か、ご理解いただきたいです。最近は禁煙ばかりで、タバコを吸えるカフェは貴重なんだと思います。だからと言って、やりたい放題はいかがなものかと思います。吸えるにしても、換気がちゃんとできる環境を整えて欲しいです。あのカフェでは、禁煙喫煙を分けるのは難しい広さだったので、無理だと思うのですが、換気は出来るはずですよね。窓開けるとか、空気清浄機付けるとか。もしくは、タバコの煙がきつい場合がありますが、いいですか?と一言断ってくれれば、私もどうするか考えることが出来たのに。

このカフェブログを読んでいる方が、どんな人が多いのかわからないのですが、やっぱりこのカフェはこんな感じなんだ!っていうのを知りたいから見てると思います。だから書いてみました。あのカフェ、タバコがあんなに凄くなければ、とっても素敵なカフェだと思うんです。お店の方もとても感じが良かったですし。本当に残念です。

カフェの状態が改善されることを祈りつつ。あまり、こういう形式で書かないことを祈りつつ。
最後に画像だけ載せておきます。画像だけ見るととてもいい感じなんですよね。おいしかったと思うんです。あの状態では、おいしいと感じることが出来なかったのは残念です。
| 名古屋のcafe | 23:56 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
名古屋 珈琲ぶりこ
名古屋に行ってきました。観光ですって言ったら、多分、何人かから、違うじゃん!って突込みがくると思うので、最初から言っておきます。ライヴ遠征でーす♪Sryu16gとキャプテンストライダムです。ここを読んでる方は、知らない人も多いでしょうが、両方とも大好きなバンドなのです。
まぁ、そんな大好きなバンドを見るのも重要ですが、遠征イコール、カフェパトロールなわけですよ。ちゃんとやりましたよ。カフェ部の部員ですから!
名古屋に行くことになって、色々素敵カフェをピックアップしていたのですが、一番最初に、ここだ!と思ったのが、珈琲ぶりこでした。もう、たたずまいといい、メニューといい、私の、どストライクでした。


お店の全体はこんな感じ。築60年の木造町屋を改装してカフェにしたみたいです。商店街の一角にひょっこりあるのが驚きなんですよね〜こんなたたずまいですが、和カフェじゃないんですよ。まぁ、抹茶とか和風のパフェもあるので、完全に和風を否定はできないんですけどね〜
通りに面したテラス席と、1Fと、2Fでお食事やお茶がいただけます。私は、2Fへ行ってきましたよ。


中に入ると、席とレジが見えます。2Fに行きたい旨を伝えると、番号札を渡されました。階段が右端にあるのですが、ちょっと急な狭い階段。一瞬、靴脱ぐんですか?とか思ってしまいましたが、靴は脱がずにそのままあがってくださいというような感じで書かれた注意書きがありました。いやぁ〜これは最初は絶対戸惑うよね。
2Fに上がると、なんとも落ち着いた昔感じの景色が目に飛び込んできました。ちょっとシックな応接室ってな感じ。もう、ぐわっとテンション上がりました。素敵です。窓に向いてセットされている席があったり、半分個室になってる席があったり、なかなかいい感じです。私は、窓際か半個室に座ろうかと思ったのですが、私が着いたときは両方とも先客がいました。残念!


窓際に目をやると、木の棒がいくつかぶら下がっていました。これ、なんて名前だっけ?風が吹くと、カラカラとここちのいい音がします。本来なら仕事をしているはずの、金曜の午後に、ぼぉーっとしながら、珈琲を飲み、風に吹かれて聴こえてくる音に、なんかいいなぁ〜と思ってしまいました。余計なこと考えずに、ただ、ぼぉーっとしていられるのって素敵ですよね。そんな空間をこのカフェはお客さんに提供してくれているのです。春もいいけど、初夏も良さそうですね。というよりも、ここのカフェは、四季を感じさせてくれるのだと思います。メニューとかもそうだけど、街並みとか風とか、そんなものでも感じさせてくれるのでしょう。これって、とてもかけがえのないことだと思います。
窓の外には、商店街。買い物に来ているおばちゃんが歩いていたりします。おしゃれな通り沿いにあるカフェもいいけれど、日常が垣間見れるカフェって言うのもなかなかいいものですね。仕事してると、こういうのってわからないもの。


ここは、半個室です。半というのは、完全な個室ではないから。両側は壁でその空間にはそこしか席がないけれど、前は誰でも入ってこれるスペースなんです。
実は目の前にたんすがあって、そこには、セルフサービスの水がおいてあります。紙ナプキンや、爪楊枝もあったはず。だから、結構ひっきりなしに人がやってきます。空いてる時間は個室を味わえますが、混んでる時間はかえってせわしないかも?でも、こんな空間を作ってくれるのは嬉しいですね。窓辺で、ぼぉーっとしてみたいです。


これが、半個室の前方にあるセルフサービスのお水がおいてあるたんすです。とっても味があります。ちょっと画像がぼけてるのが申し訳ないですが・・
このたんすいい感じだなぁ〜と思って、用もないのに、この場所に来て、しげしげと見入ってしまいましたよ。おばあちゃんのうちにありそうな、そんな温かみのある家具でした。


さてさて、お楽しみのスウィーツですよ!和風に言うなら甘味ですよ!もう、ここに来る前から決めていました。これは春パフェです。お店のHPで、店内と同じメニューが見れるのですが、もう、見た瞬間に落ちました。あはは。8種類もおいしいものが入ってる!黒糖のプレッツェル、チョコパイ、ホイップクリーム、イチゴソース、生イチゴ、キャラメルきなこムース、バニラアイス、黒豆のフレークでした。見た目はイチゴパフェですが、食べると面白かったです。キャラメルときなこのムースが、キャラメルの味もするけど、あとから、あっ!きなこだ!ってちゃんとわかります。黒豆のフレークも、コーンフレークの黒豆版って感じで、しっかり黒豆でした。洋風なんだけど、和風で、和風なんだけど、洋風で、なんとも不思議でしたが、でもおいしいから素敵です。生イチゴが結構多くて、それも嬉しかったです。


ドリンクはカフェラテをオーダーしました。フォームミルクもたっぷりです。マグカップで、くつろぎながらいただきましたよ。カップとお皿は、本来は別物だと思いますが、こう合わせてもいい感じですね。
ちなみに、スウィーツと一緒にドリンクを頼むと50円引きです。ランチと一緒だと、スウィーツが100円引きだったかな?ちょっとお得感があると嬉しいですよね。 こういうのがあると、つい頼んじゃうんですよね〜


私が行った、2日後に、カフェ部の部長pさんも偶然このカフェに行ったそうです。pさんのブログに番号札が写っていて、私と同じ番号、35番でびっくりしました。やっぱり、カフェ部だから?(笑)
pさん曰く、今のぶりこは、前よりメニューも充実したそうです。確かに、ランチも凄くおいしそうでした。スウィーツもドリンクも魅力的なものが沢山ありました。名古屋に行ったら、ここははずせないなぁ〜次行ったときは、ランチを!私が行ったときは、カレーのいい匂いが漂っていて、次こそは!と思っています。本当においしそうだったんだよねぇ〜

珈琲ぶりこ
住所 〒460-0011 名古屋市中区大須3-35-22 大須 東仁王門通商店街アーケード内
営業時間 10:00〜20:00 無休(年末年始を除く)
TEL 052-238-2789
地下鉄 上前津駅 8番出口を出てすぐを右に入り、招き猫がいる広場を左に入る。駅から徒歩3分とのこと。わかりやすかったですよ。

| 名古屋のcafe | 00:35 | comments(0) | - | かじい れもねーど |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK)
spring流おしゃれレシピ130―人気カフェのごはんとスイーツ (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

私も買いました!このブログにも載ってるカフェも登場しています!
RECOMMEND
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B
Hario V60キャンペーンセット VDP-02B (JUGEMレビュー »)

私が使ってるドリッパーです。コーノ式は、最近は結構スーパーとかでも売ってるのでお手軽に買えるようになりました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
わっしょい君